最速ドラパルド。 【ポケモン剣盾】オーロンゲスタン:最終1623【ガラルルーキーズ】|ふらわん|note

【S4,5使用構築】ドラパエルフガエンver1,ver2【S4最終81位/S5最終102位】

最速ドラパルド

もくじ• 【すりぬけ】 相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 【のろわれボディ 夢特性 】 相手から技を受けた時、30%の確率で3ターンの間、その相手の技を『かなしばり』状態にする。 技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 弱点 『2倍』ゴースト、フェアリー、あく、ドラゴン、こおり 耐性 『0. 伝説以外では初の「ドラゴン・ゴースト」タイプの組み合わせで、かくとうとノーマルを透かせるのも魅力です。 ドラパルトは、最も高い攻撃を活かして ようきの最速物理アタッカーにする。 もしくは、 特攻も高いことも活かして、「せっかちorむじゃき」の最速両刀アタッカーにするかの2択になるでしょう。 たまに「突撃チョッキ型」にも遭遇しますが、使いやすさで言えば上記の2択と言えます。 ただ、補助用の技も多く覚えられるため、様々な型が作りやすいですね。 それでは、自分が作成したドラパルトを紹介します。 両刀最速ドラパルトの育成論 特性 【すりぬけ】 相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 弱点 『2倍』ゴースト、フェアリー、あく、ドラゴン、こおり 耐性 『0. 特性は「すりぬけ」一択で、これで対応できる幅が広がります。 個体値は防御系以外のVを目指しましょう。 ドラゴンアローは、威力50の物理ドラゴン技だが、 2回攻撃により「きあいのタスキ」や「ハバンのみ」を貫通しやすいので便利です。 実質威力100のドラゴン技なので、十分な火力も出せます。 シャドウダイブは、 攻撃ターンは何もできないのですが、これがダイマックスを枯らすのに非常に有効です。 威力90の物理ゴースト技なので、十分な火力も出ますね。 単純に弱点を突くために使ってしまうと、交代されて対策されやすいので注意。 とんぼがえりは、ドラゴン技対策で出してくる「フェアリー」や「はがね」などに使います。 だいもんじは、ドラゴン技を半減する「はがね」に有効な技です。 両刀にすることで、より多くのポケモンに打点を持てます。 最後に、どれだけ速くても「ふいうち」で狩られやすいので、「きあいのタスキ」は優先度が高いです。 わざレコード「だいもんじ」の入手方法 わざレコード「だいもんじ」は、ワットショップで購入することが可能です。 ただし、日によってラインナップは違います。 まとめ ドラパルトは、今作で最も対戦で使われることになるであろうポケモンです。

次の

ドラパルト育成論 : ミミッキュ後出しを許さない先発ダイマックスエース|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

最速ドラパルド

ドラパルト育成論二度目の投稿です。 今回は鬼火祟り目ドラパルトの紹介です。 初めてランクマで見かけたのは確か2週間ほど前なので、現在ではかなり認知されつつある型だと思います。 私はこのドラパルトを受け回し系の構築に採用しており、 ドラパドリュウズアーマーガアドヒドサニーゴパッチラゴン 結果としてはランクマッチ3桁順位を維持し続けれる程度には勝つことができました。 それでは紹介に移ります。 調整意図 H... A187 252 ドリュウズの岩石封じを身代わりが確定耐え H-D... 最速120族 インテレオン 抜き 使用感を試すために試験的にH236 S252余りBの配分で運用していたのですが、初手のタスキドリュウズの岩石を耐えることができれば有利な展開が作れるなと感じることが多かったです。 そのため、最速ドリュの岩石を身代わりが耐えるH-Bラインを初めに設定しました。 次に、流行りつつある身代わりチイラ ヤタピ のエースバーンやインテレオンが鬱陶しかったのでそれらを抜けるようにSを調整。 身代わりのタイミングで繰り出して、すり抜けを利用して処理するイメージです。 最後に余りをCに振り切るつもりでしたが、ダメ計を回していたらDに全振りすることで特化サザン スカーフ想定 の悪の波動をいい感じの乱数で耐えることが分かったのでDに振り切りました。 受け回し系の構築は身代わりor挑発悪巧みサザンが天敵なので、実際に使用していた構築ではすり抜けドラパルトで身代わり等を上手く絡めて処理していました。 そういった事情もあって、不意のスカーフサザンに事故らされるのが怖かったためスカサザンを強く意識した調整となっています。 運用方法 ドラパルトのCでは例え全振りしていても状態異常時の祟り目でも火力不足感が否めないため、ドヒドイデ等の受けポケを絡めて毒や火傷、ステロダメージを蓄積させ、相手が疲弊したところをこのドラパルトで一掃するといった使い方がベストなのではないかと感じました。 つまり、スタンパよりは受けに寄せている構築の方が相性が良いのではないかと思われます。

次の

すばやさ実数値表

最速ドラパルド

Contents• 素早さは、最速リザードン抜き調整です。 ガラルビギニングでは、最速サザンドラ抜きまでしか振っておらず、リザードンに上を取られたことによって負けるという事態が発生したため、最低でもリザードンは抜いておきたいところです。 耐久については、環境が物理多めなので、防御に性格補正と努力値を割いていますが、ここは調整しがいがありそうです。 例えば、Bに振っている努力値を92、Dへ振ることによって、C252補正ありサザンドラの悪のはどうを耐えるようになります。 細かい調整は、今後バトルを重ねながら模索していきます。 特性については、壁貼りポケモンを起点にしたり、竜舞を見せることによって、物理型のため特性クリアボディだと思ってか、壁貼りオーロンゲがでてきたこともあったため、すりぬけ推奨です。 ガラルビギニングではクリアボディで使っていたのですが、すりぬけにしとけばよかったと思った状況が何度も発生しました。 技について、竜舞とバトンタッチは、この型における必須技で、 攻撃技としては、タイプ一致かつ相手の襷を潰せるドラゴンアローとダイマックス時に防御を上げることができ、ドラゴンが効かないフェアリータイプ意識の鋼の翼を採用しています。 ただし、鋼タイプのポケモンに対しては両方半減されてしまうため、ゴーストダイブも選択肢に入るかと思います。 ゴーストダイブのメリットとしては、相手のダイマックスターン稼ぎできること鋼タイプに等倍を取れますが、デメリットとしては、ダイマックス時に防御を上げれないこと、オーロンゲに等倍以上とれなくなってしまうことが上げられます。 立ち回り このドラパルトの立ち回りとしては、バトル前半で竜の舞を積み、弱点保険を発動させ、ドラパルトで相手のパーティに負荷をかけ、 ドラパルトが苦手なポケモンや、あくびを打たれた場合等、バトンタッチにより能力変化を後続に繋ぎます。 実際に使っている感じ、この型の良いところは、竜の舞を見せることによって、弱点保険を警戒されなくなること、物理型であり、特性クリアボディなのでは?と思わせることができ、わざわざオーロンゲ がでてきて壁を貼りにくることもありました。 意味ないのに笑 また、鬼火を受けようが、あくびを受けようが、バトンタッチで能力上昇を後続にまわせ、あくびの効果は引き継がれないため、後続アタッカーで相手をぼこぼこにできます。 また、耐久はタイプ一致弱点でも結構耐えるため、ダイマックスをしなくても弱点保険を発動させることができます。 具体的な立ち回り 対オーロンゲ 壁貼りオーロンゲをよく見るかと思うのですが、オーロンゲと対面した場合、竜の舞を積みます。 A252補正ありのオーロンゲのソウルクラッシュを余裕で耐えるので、弱点保険も発動できる可能性も高いです。 壁を貼ってきたらかもです。 場合によっては2回、3回と竜舞を積むこともできたりします。 特性をすり抜けにしていない場合はHB特化オーロンゲ に対して、壁がある状態で、攻撃が3段階上昇してもはがねのつばさが3分の1程度しか入らないので、裏に引く前提で積みます。 すり抜けの場合は、竜の舞を一回積んでおけば、鋼の翼連打で勝てます。 ガラルビギニングでは、クリアボディで使っていたのですが、この壁貼りオーロンゲが結構いるため、ドラパルトの特性はすり抜け推奨です。 対ヒヒダルマ 超高火力の五里霧中A252補正ありのガラルヒヒダルマのつららおとしも、相手の攻撃が1段階下がることで、確定で耐えるようになります。 ウインディやギャラドス等で威嚇を入れた後に対面させることができれば、ガラルヒヒダルマでさえ積みの起点になります。 相手が鉢巻を持っていた場合は流石に死にます。 対ローブシン ローブシンとの対面では、攻撃特化の相手の命の珠力ずく冷凍パンチを確定で耐えるため、竜舞と弱点保険を発動させることができます。 しかし、H252ローブシンへのドラゴンアローはAが3段階上昇していても確定で耐えられてしまうため、バトンで引いて後続に託すか、ダイマックスしてダイドラグーンを打つ必要があります。 対面でローブシンに勝ちたい場合は、竜舞を積まずにドラゴンアローを打ち、相手の攻撃で弱点保険を発動させ、ドラゴンアローを打つことで、高確率で倒れます。 対ミミッキュ A252補正あり命の珠ミミッキュとの対面の場合基本的に勝てません。 相手が剣舞からのかげうちできた場合であれば、化けの皮を剥がした後、弱点保険によるA2段階上昇後のはがねの翼で確定で倒せるため、ミミッキュに勝てますが、 剣舞をせずに、シャドークローからのかげうち、または剣舞からのシャドークローできた場合はドラパルトが負けます。 この型ではミミッキュの対処はしんどいです。 対サザンドラ 受けポケ対策として、ランクマッチにサザンドラ結構多くいます。 チョッキや食べ残しを持っている印象があるので、火力アップアイテムアイテムを持っているサザンドラは少なく、またミミッキュを意識して素早さが上がりやすい性格にしている場合が多いかと思います。 そのため、C252無補正サザンドラの「あくのはどう」はドラパルトの特防に努力値を割いていなくても、約87. そのため、竜舞から入り、次のターン上からドラゴンアローで倒すという選択ができます。 特攻に補正をかけていないサザンドラであれば、スカーフ持ちでも対処できます。 ちなみに、相手のサザンドラのあくのはどうを確定で耐えたい場合は、ドラパルトのBに振っている努力値をDに20回すことによって確定で耐えるようになります。 また、Dに92まわすと、Cに補正のあるサザンドラのあくの波動を確定で耐えるようになります。 被ダメ計算 攻撃側ポケモン 技 被ダメ ダイマックス技 C252補正無サザンドラ あくのはどう 86. 使用している感じ、ダイマックスをせずに、竜の舞と弱点保険を発動させた状態にすることは結構簡単です。 相手を選ぶ必要がありますが、個人的には相当強い型なのでは?と考えています。 耐久調整はまだまだ考える必要がありそうですが、参考になれば嬉しいです!.

次の