ファイナル ファンタジー オペラ オムニア キャラ。 「DFF オペラオムニア」,歴代のFFキャラ40名が集結した幅約14メートルの巨大広告を5月21日まで丸ノ内線新宿駅 メトロプロムナードに掲出

【結果発表】『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』2nd Anniversary キャンペーン

ファイナル ファンタジー オペラ オムニア キャラ

DFFOO ディシディアファイナルファンタジーオペラオムニア をプレイしていて疑問になったポイントってありませんか? 今回はDFFOOの攻略に関することではなく、お役立ち情報という観点で見てもらえればと思います。 多くのDFFOOユーザーがキャラの背景ってなに?と思うかもしれませんが、まず一つとしていえるのが、キャラのアイコンの背景です。 よく見るとキャラのアイコンには背景があり色分けがされており、どのような装備をしているかで金色、紫色、白色と変化するのです。 そしてもう一つのキャラの背景はキャラが出しているオーラです。 オーラはアイコンのように簡単ではなく、識別が難しいものが多いのですが、どのようなものがあるのでしょうか? また装備している箇所によってオーラの発生する場所がかわってくるということもあります。 この記事では、キャラの強さを判断できるポイント、キャラの背景について紹介したいと思います。 攻略にも役だつシステムとなっていますので、しっかり見て行ってくださいね。 知らないうちに金色になっていたということもあると思いますし、特に意識したこともないかもしれませんが、金色の背景にするためには相性装備を2つ装備させることが必要となります。 武器と防具のどちらもそろえることで金色の背景となるので、共闘でフレンドのキャラが強いのか判断する一つの基準にすることができます。 防具でも武器でもどちらでも構わないので、まず紫の背景のフレンドを連れていくことはおすすめできません。 共闘ではスコアを狙うのが基準となっていますし、弱いキャラを連れて行ってもクリアはできますが、それだけACTION数の増加につながってしまいます。 たまに紫の背景のキャラアイコンを見ますが、弱い方ばかりだといえます。 さすがにこのままキャラを使う人はまずいないと思います。 攻略を進めていくと、この状態のキャラ背景をみることもなくなってくると思うので、初心者だけが見ることができる貴重な背景といえるかもしれませんね。 いわばDFFOOで最強の状態の武器を持っているということになります。 キャラが紫のオーラを出していれば、装備を鍛え終わったということになります。 ちなみに武器なら上半身、防具なら下半身から紫のオーラが発生します。 金色のオーラは初期状態、1凸、2凸に関係なく発生させることができます。 強さの一つの基準とはなりますが、発展途上のキャラといった見方もできますよね。 この背景のキャラが一番多いのではないでしょうか。 このオーラは残念なオーラということもできますね。 だれでも手に入るレア度の低い装備をしているということの証明になります。 このオーラを発生させているキャラはあまり使うことはないといえるでしょう。

次の

「DFF オペラオムニア」,歴代のFFキャラ40名が集結した幅約14メートルの巨大広告を5月21日まで丸ノ内線新宿駅 メトロプロムナードに掲出

ファイナル ファンタジー オペラ オムニア キャラ

総合最強キャラランキング 順位 キャラ 特徴 1 位• ・ブレイク時に連続行動可能• ・強制ブレイク解除可能 2位• ・BRV供給力が高い• ・カウンターが可能• ・HP回復時の超過分をBRVに加算• ・HP回復能力が高い• ・味方全体を強化 4位• ・「新月の神秘」でHPダメージアップ• ・吹き飛ばしと供給を同時に行う• ・「闇耐性ダウン」で弱点を突く 5位• ・「シフトムーブ」で割り込み可能• ・追撃でACTあたりの火力が高い• ・確定吹き飛ばしが可能 6位• ・「ねむり」で敵の行動を制限• ・敵のBRV加算を防ぐ• ・敵全体を弱体化 7位• ・確定吹き飛ばしを8回使用可能• ・アビリティのHP攻撃の回数が多い• ・ギミック対処能力が高い 8位• ・6種類のデバフで敵を弱体• ・デバフにフレーム付与可能 9位• ・「エンチャント・雷」を付与• ・「雷耐性ダウン」で弱点を生み出す• ・「弱点属性ダメージアップ」で火力アップ 10位• ・「命の旋律」で聖耐性を下げる• ・「エンチャント・聖」で火力アップ• ・LDアビの火力が高い 総合キャラランキングは、難易度LUFENIAでの採用率や編成優先度を考慮したうえで評価し、順位をつけています。 役割別最強キャラ早見表 役割別最強キャラランキング 近距離物理アタッカー 順位 キャラ 特徴 1位• ・「雷耐性ダウン」を付与可能• ・ブレイク時連続行動可能• ・与えるダメージ量をアップさせる 2位• ・割り込み行動で連続攻撃• ・追撃で1行動で大ダメージ• ・追撃で火力が高い• ・ブレイクで追加行動• ・BRVリジェネ量が多い 4位• ・2種類のカウンターで反撃• ・防御力無視で攻撃可能• ・氷耐性ダウンで火力を出す• ・「アイスピラー」による追撃が強力• また、「絶影」使用後でもアクション加算無しで行動ができ、1アクションあたりの火力が高いです。 与えるダメージに直接倍率がかかるので、敵のステータスに大きく左右されることなく高いダメージを出せる特徴も持ちます。 遠距離物理アタッカー 順位 キャラ 特徴 1位• ・バースト効果で追撃可能• ・アクション数加算無しで攻撃• ・強制吹き飛ばしが可能 2位• ・確定吹き飛ばしを8回使用可能• ・アビリティのHP攻撃の回数が多い• ・EXの回転が早い 3位• ・吹き飛ばしと供給を同時に行う• ・「闇耐性ダウン」で弱点を突く• ・EXで「ヴァリアントブロウ」の回数回復 4位• ・「降り注ぐ矢」で行動のたびにダメージ• ・「ダイナマイト」で時間差攻撃• ・BRV超過量上限が高い• ・対象外ダメージが高い• ・全体攻撃で複数に効率よくダメージ 遠距離物理最強:ノクティス 追加行動やACT数加算無しで攻撃するアタッカー ノクティスは、バースト効果で味方全員が敵をターゲットとして行動した後、そのターゲットに追加行動を行ったり、アクション数加算無しで攻撃したりするアタッカーです。 自身のターン以外でも攻撃する他、割り込み攻撃で敵にターンを渡さずに連続で行動するなど攻撃頻度が高く、敵に高ブレイブを持たれた際の対策としても活躍できます。 魔法攻撃アタッカー 順位 キャラ 特徴 1位• ・「エンチャント・闇」で火力アップ• ・対象外ダメージが高い• ・EXの火力が高い 2位• ・BT効果でBRVダメージ大幅アップ• ・「エンチャント・聖」で火力アップ• ・LDアビの火力が高い 3位• ・等倍攻撃で対複数に特化• ・BRV漏れを割合で削る• ・ACT加算無しで行動可能 4位• ・アビ連続発動でACTあたりの火力が高い• ・LDアビと通常アビで等倍攻撃が可能• ・確定ブレイクと強制ブレイク解除可能 5位• ・「スケッチ」による割り込み行動が強力• ・ヒット数の多いEXアビの火力が高い• ・「スケッチ召喚」で各属性攻撃が可能 魔法攻撃最強:ザンデ 2属性で攻撃する高火力な魔法アタッカー ザンデは、すべてのアビリティが2属性を持つため、属性耐性にかかりづらい魔法アタッカーです。 敵に「弱点掌握」を付与して弱点を生み出し、「クエイガ」や「メテオ」の高い火力をさらに上昇させます。 加えて、エンチャントは、味方全員に効果があるので、味方全員の火力も底上げされ、パーティの総合ダメージも引き上げられる強みを持ちます。 バッファー 順位 キャラ 特徴 1位• ・最大BRV70%アップ• ・攻撃力40%アップ• ・BRVダメージ軽減 3位• ・「BRVリジェネ」で火力アップ• ・初期BRVアップ• ・味方全員のBRV超過量アップ• ・クリティカルダメージアップ 5位• ・防御力100%アップ• ・BRVダメージ30%軽減 バッファー最強:グラディオラス 攻撃防御両面に優れたバッファー グラディオラスは、攻撃と防御両面で味方を強化できる優秀なバッファーです。 攻撃面では、BRV超過量を大きく引き上げられるため、BRVを溢れさせずにHP攻撃として吐き出せるようになります。 エンチャンター 順位 キャラ 特徴 1位• ・「エンチャント・雷」を付与• ・「属性弱点ダメージアップ」で火力アップ• ・敵のターンでBRV供給が可能 2位• ・「エンチャント・聖」を付与• ・高回転の等倍EXを使用可能• ・BT効果でBRVダメージ大幅アップ 3位• ・「エンチャント・土」を付与• ・味方全員の行動後にBRV加算 4位• ・「エンチャント・闇」を付与• ・「弱点掌握」で火・土・闇耐性ダウン• ・特殊効果が解除されづらい• ・不可視バフで味方を強化• ・BRV分配ができる エンチャンター最強:クルル 属性弱点ダメージを引き上げる雷属性エンチャンター クルルは、味方全員で敵の弱点を突けるようにする雷エンチャンターです。 他のエンチャンターと違い「属性弱点ダメージアップ」を味方全員に付与できるため、エンチャントで弱点を突いた際のダメージをさらに引き上げられます。 デバッファー 順位 キャラ 特徴 1位• ・素早さダウン 2位• ・「カーズ」でHPダメージ• ・「霧散の渦」でHPダメージ• ・「暗黒の芽」でスリップ効果• ・「ねむり」で敵の行動を制限• ・「新月の神秘」でHPダメージアップ• ・スリップ効果• ・闇耐性ダウン 5位• ・「氷牢」でHPダメージアップ• ・素早さダウン• ・氷属性耐性ダウン デバッファー最強:ケフカ 複数デバフで敵を弱体化させるデバッファー ケフカは、6種のデバフにより敵を弱体化させ、味方を有利に立ち回らせるデバッファーです。 さらに、LDアビリティ「ハイパードライブ」で、自身が付与したデバフをフレーム化させ、敵の強化効果の付与を防ぐといった立ち回りも可能です。 ヒーラー 順位 キャラ 特徴 1位• ・「クラッシュハンマー」で回復• ・「マテリアタクティクス」で回復• ・「地走り」で回復• ・「コンビネーションアーツ」で回復 2位• ・「ブラッドウェポン」で回復• ・「アブソーブソード」で回復• ・「ルーラーオブアームズ」で回復• ・「ドレインウェポン」で回復 3位• ・「鎧袖一触」で最大HPを超過して回復• ・「ラストリゾート」で回復 4位• ・HPリジェネで回復• ・「生殺与奪」で回復 5位• ・「アンジェロキャノン」で回復• ・「愛犬のぬくもり」でHPリジェネ ヒーラー最強:ルード Aアビ以外の全ての行動でHP回復可能 ルードは、Aアビ以外の全ての行動で味方全体を回復できます。 回復を行う機会が多いため、パーティに安定感が生まれて攻略を安定させます。 BRV供給 順位 キャラ 特徴 1位• ・「カウンター」で供給• ・「アップヒーバル」で供給• ・「テンペスト」で供給• ・「ドーンブレイカー」で供給• ・「ライジングインパルス」で供給• ・最大HPを超えて回復した時に供給• ・「マテリアタクティクス」で供給• ・「うたう」で供給• ・「かくれる」で供給• ・「ミスティックワルツ」で供給• ・「子守歌」で供給• ・Aアビリティで供給 4位• ・「生殺与奪」で供給• ・「雲散霧消」で供給• ・「ヘイストルンバ」で供給• ・「リジェネワルツ」で供給 5位• ・「BRVリジェネ」で供給• ・「おうえん」で供給 BRV分配最強:グラディオラス Aアビ以外の全ての行動でBRVを供給可能 グラディオラスは、Aアビ以外の全ての行動でBRVを供給できるため、攻守両面で味方をサポートします。 供給するBRV量は、与えたダメージ量に依存するので、EXアビリティ使用時はパーティのBRVを上限近くまで供給できます。 加えて、「ジャストガード」で行うカウンターは、アクション数を加算させずにBRV供給できるので、パーティの火力アップと同時にアクション数の短縮にも貢献できます。 壁役 順位 キャラ 特徴 1位• ・シールドで味方全員を守る• ・シールド耐久値分のHPダメージカット• ・味方全員のHP回復が可能 2位• ・味方をかばって攻撃を受ける• ・HPリジェネで回復が可能• ・カウンターで反撃 3位• ・味方全員に行動後にBRV加算• ・「ターゲット固定」で味方を守る• ・味方全員のHPダメージ軽減• ・味方全員のHP回復が可能 4位• ・全体のHPダメージを1人で受ける• ・HPダメージ軽減で耐久が高い• ・HPリーブで戦闘不能になりづらい• ・自身でHP回復が可能 5位• ・シールドで味方全員を守る• ・LDアビでHPダメを0にできる• ・味方全員のHP回復が可能 壁役最強:ウォーリアオブライト BRVダメージとHPダメージの両方を防げる壁役 ウォーリアオブライトは、シールドによってBRVダメージを防ぐ壁役です。 さらに、EXアビ「シャンニングウェーブ」でHP回復もこなすため、ウォーリアオブライトを編成することで、パーティの生存率を大きく上げられます。 最強ランキングの評価基準 役割別最強ランキング• 難易度LUFENIAなど現環境基準で評価をしています。 役割 評価基準 アタッカー• ・アビの使用回数やEXアビのリキャストの早さ• 1アクションで稼げるダメージ量も評価に含む バッファー• ・パッシブ効果を含む強化効果の数や効果量• ・効果量が同じ場合効果範囲や期間で順位決定• ・クエスト攻略における貢献度を評価 エンチャンター• ・味方のサポート能力や自身の処理能力を評価• ・エンチャントや耐性ダウンの維持のしやすさ デバフ• ・弱体効果による攻略への貢献度を評価• ・似た効果の場合効果範囲や効果期間で順位決定 ヒーラー• ・HP回復量や回復できるタイミングを評価• ・HPリジェネによるHP回復も評価対象 BRV供給• ・供給できるBRV量を基準に評価• ・アビとBRVリジェネによるBRV加算も評価対象 壁役 タンク• ・敵視を自身に向け味方を守る期間も評価対象 完全体で評価 評価は、完全体での評価で統一しています。 完全体とは、レベルと覚醒を最大まで強化、相性武器は全てパッシブ化し、BT武器があるキャラはBT武器を、それ以外のキャラは真化完凸武器を装備しているキャラを指します。 さらにAFの厳選や幻獣ボードのパッシブ、強化ボードも全て習得した状態を指します。

次の

【DFFOO】キャラの背景の違いって?共闘の基準になる大事機能?【オペラオムニア】

ファイナル ファンタジー オペラ オムニア キャラ

注意:初稿執筆者はラミアクィーンが登場するイベントの時期、まだオペラオムニアをプレイしていませんでした。 そのため、当記事は攻略wikiや動画などの二次情報に頼っており、記述に誤り・不足な点があるかと思います。 識者の方の加筆修正をお願いします。 ディシディア・ファイナルファンタジー・オペラオムニア(以後DFFOOと呼称)は、ファイナルファンタジーシリーズのキャラクターたちが集結して冒険の旅に出るスマートフォン用RPGである。 そして本稿で扱うラミアクィーンは、イベント「美しき海賊」に登場する女性型モンスターだ。 時空のひずみから出現した強力なモンスターであるラミアクィーンは、女海賊ファリスの船を襲い沈没させた。 海に投げ出され砂浜に漂着したファリスはプレイヤー達に助けられる。 意識を取り戻したファリスは乗組員救助のため沈没現場に戻ろうとするが、そのためにはラミアクィーンを打ち倒す必要があるのだった……という状況で戦うことになる。 ややデフォルメ気味ながら美しい姿の女性型モンスターが 腰をくねらせおっぱいをたゆんたゆんさせながら襲ってくるというのがたまらない案件である。 この魅力は静止画だと伝わりづらいのでぜひ後述の動画を見てみてほしい。 しかも、スキル『魅惑の視線』で味方キャラを 性別問わず魅了したり『巻きつき』で拘束してきたりと実にいやらしい攻撃を仕掛けてくる。 そうかと思えば、復活呪文レイズでザコモンスターを回復させるなど、部下に対して優しい一面を見せたりもする。 また、過去のFFシリーズの女性型モンスターではあまり見られなかったダメージボイス・ひるみモーションを完備しているというのも素晴らしい。 特にトドメを刺されたときの、 断末魔の悲鳴をあげ悶え苦しみながら消滅する動作は必見である。 なお、前座として登場するザコのラミアも、死亡時の悶絶モーションこそないものの、切なげな断末魔が用意されている。 ただし残念ながら、期間限定イベントに後から挑むことはできない。 自らコマンド入力してラミアクィーンを打ち倒すという贅沢は、リアルタイムでプレイしていた人々だけの特権である。

次の