子供 の 前髪 切り 方。 プロが教える5分で終わる小さいお子様のカットの仕方

子供の前髪の上手な切り方!5つのSTEPで簡単に!!

子供 の 前髪 切り 方

前髪はどこまでとっていい? 幅は目尻~目尻、奥行きは耳ラインより前 図のように、目尻から目尻までの間を前髪にします。 これ以上広くとると、顔が大きく見えたり、のっぺり顔になってしまうので注意です。 奥行きは、耳ラインより前。 三角形にとります(丸みがついても大丈夫です)。 思ったより短くなってしまう原因と対策 ちょうど良く切ったつもりでも、仕上がってみると思ったより短くなってしまったことはありませんか? 【対策その1】前髪は乾いた状態で切るのがベスト 濡れている状態で切ると、乾かした時に仕上がりが短くなります。 ドライの状態で切るのをオススメします。 【対策その2】子どもにまっすぐ前を向いてもらう 切っている時に子どもが下を向いていると、仕上がりが短くなってしまうことがあります。 まっすぐ前を見てもらうのがベストですが、下を向いてしまう場合は、 こまめに顔を上げてもらい、長さをチェックしましょう。 縦にハサミを入れるってどういうこと?横に入れるとどうなる? よく「縦にハサミを入れる」と書いてありますが、「どういうこと?」と疑問に思ったことありませんか? ここでいう「縦に」とは、よく美容師さんがハサミ(すきバサミではない)を縦に入れてすく「毛量調整」のことではなく、カットラインをやわらかくするため、ラインをぼかすための技法のことをさします。 「縦」ではなく「斜め」にハサミを入れる こまめに、斜めにハサミを入れ髪を切っていきます。 横にハサミを入れる方が早い感じがしますが、個性的な切りっぱなしぱっつん前髪以外は、縦にハサミを入れた方がやわらかく仕上がりオススメ。 横に切ってから、ラインをすきバサミでぼかすのは、 ラインがなかなか消えないため大変ですし、思うように軽く見えないことがあります。 すきバサミってどう使うの? プロが使っているすきバサミは、とても切れ味がよく、髪に引っかかりはないものですが、家庭用すきバサミは、引っかかって痛かったり、切り方によっては髪を傷め、仕上がりがパサパサになってしまいます。 でも、ポイントを押さえれば大丈夫。 最も注意したいのは、 根元近くにすきバサミを入れないこと。 半分より毛先の方をすくようにします。 次に気を付けたいのは、横にスライスをとり、横にすきバサミを入れること。 ラインができ、これを消すのはとても大変です。 横には入れてはいけません。 全体に軽くしたい時は、縦にスライスをとり、斜めにすきバサミを入れると自然な仕上がりになります。 重めの前髪の場合は全体にすかないので、 気になる個所をつまみ、少しずつハサミを入れると丁度いい重みが作れます。 髪の毛を引き出したら挟む(切る)回数は、 2回で一度束をおろし確認することをオススメします。 ザクザクザクザクっと切ると、危険です! 確認!前髪カットで準備するもの カットの準備をしてから、子どもに座ってもらいましょう。 集中力が切れないうちに、スムーズにカットするためです。 テレビやDVDなどを観ながらもおススメですが、鏡の前に座わってもらうのも子どもの興味をひけるのでいいと思います。 ヘアカット用ハサミ 工作用のハサミでは、髪の毛が逃げてしまい切りにくく、髪を傷めることもあります。 ヘアカット用のハサミを準備してください。 すきバサミ 髪の毛量を調整するときに使います。 美容師さんが使っているものは、ハサミ同様3~10万円くらいのもの。 髪の毛を挟んで15~40%くらい切れるものが多いですが、 100均などの安いすきバサミは50%くらい切れるものが多く、たくさん切れるので注意が必要です。 ラインが入り失敗しやすいので、少しずつ挟むように使います。 ダッカール2~3本 前髪 切る髪 と横の髪 切らない髪 を分けるために使います。 コーム 写真のような形の櫛です。 新聞紙 下に敷き、切った髪のそうじを楽にします。 ケープ 洋服に髪が付くと大変。 なかなか取れず、チクチクしたり、洗濯では他の服にくっ付いたりしますので、あった方がいいと思います。 縦半分に折ったタオルを首から肩に巻き、上からケープを着けるやり方もありますが、前髪カットの場合は直接つけても大丈夫です。 タオル 髪の毛が顔についたとき、素早く髪をはらうのに使います。 タオルの代わりに メイク用ブラシを使うと喜ぶ子どもが多いのでオススメです。 次は、いよいよ実際にカットしていきます。 今回は、人気の前髪3パターンをご紹介します。 ぱっつん前髪の切り方(動画あり) ぱっつん前髪は、重め(厚め)に前髪をとります。 ダッカールで、前髪と横の髪を分け留めるところから始めます。 この作業をしっかりすることで、前髪以外の髪を切ってしまう失敗がなくなります。 前髪以外をダッカールで留めます• 厚めにとっているので、上下にも2・3等分にします(一度に切らず、分けて切るため)• 2~3等分した髪もダッカールで留めます 黒目~黒目の 中央から切ります。 はじめ長めに切り、一度自然におろします。 手を放すと癖で上がり短くなることがあるので、必ず長めに切り、確認後に長さを決めて切ります。 中央を切ったら両サイドを切ります。 その時、中央の髪をガイドにしてつなげます。 下の髪が切れたら、ダッカールで留めていた上の髪をおろし、また中央から切ります。 その時、下の髪がガイドになります。 最後にバランスを見て、必要であればすきバサミで少しだけすきます。 もっとばっつんを強くしたい時は、縦ではなく、横にハサミを入れます。 ラウンド前髪の切り方(動画あり) ラウンド前髪は、重めに前髪をとると可愛いと思います。 まず、ダッカールで前髪と横の髪を分け留めます。 この作業をしっかりすることで、前髪以外の髪を切ってしまう失敗がなくなります。 多めに前髪をとっているので、ぱっつん前髪同様、上下に2・3等分にし、一度に切らないようにしましょう。 切らない髪は、ダッカールでしっかり留めておきます。 黒目~黒目の中央の長さを決めます。 はじめは長めに切り、一度切った髪をおろしてから、長さを決めることをオススメします。 始めから切りたい長さぴったりで切ると、思ったより短くなってしまうことがあるので注意です。 黒目から黒目は、まっすぐ切ります。 中央が決まったら、黒目~目尻のサイドを切ります。 中央の髪につなげ、指でラウンドさせてカットします。 サイドも切れたら、ダッカールで留めていた上の髪もおろし、下の髪をガイドに切ります。 重いところは、すきバサミを軽く入れます。 子どもが動かずにいられるようでしたら、直にラインを整えると、きれいな仕上がりになります。 (子どもが動いてしまう時は、必ず指で髪を挟み切ってください) まとめ 前髪カットの素朴な疑問がスッキリできたら幸いです。 始めにも書きましたが、髪は1カ月に平均1~1. 5㎝ほど伸びます。 たとえ失敗しても、すぐに伸びるので大丈夫!たくさんの髪を一度に切らず、分けて切る。 そして、少しずつ。 始めは長めに切り、一旦様子を見てから長さを決める。 すきバサミは注意が必要。 根元近くはダメ。 一気に挟むのも避けましょう。 これで、おうちで前髪カット講座はおしまいです。 最後に美容師目線でひとつ。 「前髪カットだけで予約するのは、気が引ける、申し訳ない」と思っている人もいますが、そんなことは全くありません。 むしろ「前髪だけでも来てください」と思っていますよ。 おうちカットと美容室カットで可愛い前髪をキープしちゃいましょう。

次の

【子供向けセルフカット】ボブの切り方や簡単なやり方を解説!前髪を失敗しないためのコツもご紹介!

子供 の 前髪 切り 方

みなさん、お子さんの前髪のカットはどうされていますか? ある程度大きくなってきたら、美容院や散髪屋さんに 連れて行って髪の毛を切ってもらうのがいいと思います。 私が思うに3歳~4歳ぐらいになるとだいぶ髪の毛も太くなり 量も増えてくるので、やっとカットができるかな~という感じ。 後ろの毛は1年に1回ぐらい揃えるぐらいで、 あとは伸び放題で放置。 笑 子供の髪の毛は細いから、結構放置しててもまとまりよくって 見た感じは全然問題なし。 笑 でも、前髪だけは小まめにきってあげないと、 目にかかるとうっとうしいし、目に入れば眼球を傷つける恐れもあります。 でも、「前髪切ろか~」と言ったところで、まぁ一筋縄ではいきません。 嫌がる嫌がる。 切り方もだけど、誘い方も参考にしてもらえれば 案外うまくいくかも。 ・ヘアカット用のはさみ ・ヘアケープ ・コーム ・新聞紙かナイロンシート ・ピンや鏡 ・ヘアカット用のはさみ ヘアカット用のはさみを使うのはめちゃくちゃ重要です! 普通のはさみでは、うまく切れません。 100円ショップでも売っているので、ヘアカット用のはさみで切ってあげましょう。 できれば、 カット用のはさみと、 すきばさみの2つあれば便利ですよ。 ・ヘアケープ 首にかけて、髪が服や体に落ちるのを防ぐためのアイテムです。 中には返しやポケットが付いていて、落ちた髪を集めれるものもあります。 これも100円ショップなどで買えます。 ない場合は、ゴミ袋で代用してもOKですよ。 ・コーム くしのことです。 髪の毛をつまんで切ることもできますが、なかなか難しいんですよね。 あれ、こっちが短いからもうちょっと。 あれ、また短いからこっちも。 ・新聞紙かナイロンシート 床に髪の毛が散らばるのを防ぐためです。 集めて捨てれる新聞紙の方がおすすめです。 ・ピンや鏡 前髪を切る場合は、左右の横の毛を ピンでまとめておけば切りやすくて便利です。 全体をチェックするのに鏡があれば便利ですよ。 これだけ揃えれば準備は万端! さぁ、おちびの宇宙人はどこいった? 次は上手な前髪の切り方を説明します。 前髪とサイドの髪を分けてとめる 2. 濡らさず少しずつ切る 3. 縦にはさみを入れ調整する 順番に説明しますね。 前髪とサイドの髪を分けてとめる 前髪を切る前にサイドの髪をピンでまとめておきましょう。 切る髪と切ってはいけない髪をきちんと分けておくことで 途中で他の髪を切ってしまう失敗もなくなります。 あ、これサイドの髪やん。 笑 2. 濡らさず少しずつ切る 髪の毛を濡らしてから切って、 乾くと、思ったより短かったってことありませんか? 濡らすと髪の毛はまとまって切りやすくはなりますが、 乾くと若干長さが縮むので、仕上がりのイメージと異なってしまいます。 前髪ぐらいなら 濡らさず切りましょう。 そして、一気に切るのではなく、少しずつ少しずつ 調整しながら切ることが大事です。 縦にはさみを入れ調整する 長さが揃えば、最後に縦にはさみを入れて 毛の量を調整します。 自然な前髪にしたい人は、縦にはさみを入れることで 自然な前髪を作ることができますよ。 豆知識 個性的で可愛いぱっつん前髪にしたい場合は、前髪を指で挟まずにコームを使います。 前髪を上下に分けたあと、さらにいくつかの塊へブロッキングします。 そしてコームできっちり長さを揃えながら切ります。 このとき隣り合うブロッキング同士、長さを調整して揃えましょう。 最後にはさみは縦に入れずに、すきバサミで真っすぐラインの調整を行って下さい。 パッツンにしたいからと言って、普通のはさみで切るのはNG! おかっぱみたいな真っ直ぐになってしまいますよ。 こちらも参考にしてみてくださいね。 よし、切り方もばっちり覚えたところで あとは子供をいかに大人しく座らせるか。 これが、一番の大きな課題かも。 笑 3. 子供の上手な誘い方 ・はさみは怖いものではないと教える ・子供の好きなDVDを見せる ・最後はお菓子 この3段方式でうちは攻めています。 ・はさみは怖いものではないと教える 初めて前髪を切る場合や、年齢が小さい場合は 「はさみ」が怖いものだと思っている子もいます。 「はさみは怖くないんだよ~ほらお母さんも髪の毛切るよ~」 といって、ママの髪を少しだけ切ってみせてあげるとか、 はさみに対する 恐怖心を取ることが大事です。 ママやパパが、はさみで髪の毛を切るのを見たら 自分も大丈夫と安心しますよ。 恐怖心がなくなったら第一段階はOKです。 ・子供の好きなDVDを見せる TVに釘付けにします。 じ~っと見てくれてる間は、頭も動かさないので。 とにかく、子供の好きなDVDやTVを見せて、 そっちに気を向かせるようにします。 物で釣るのはいけないと思いながらも、まだまだ小さいうちは 言葉で言い聞かせても理解できません。 ある程度、言葉がわかる年齢になったら、お菓子で釣らなくても 大人しく座ってくれるようになるので、それまでの裏ワザということで。

次の

上手に切れる!子供の前髪の切り方とポイント|feely(フィーリー)

子供 の 前髪 切り 方

ソフトモヒカンを切ってみよう 今日は男の子のヘアスタイルの中でも人気のあるソフトモヒカンの切り方をご紹介いたします。 パンクミュージシャンのように頭の真ん中にだけ髪があって、それを立たせているようなハードモヒカンに対して、ソフトモヒカンは、サイドの刈り上げから緩やかに長めのトップとつながっている、キューピーさんのようなシルエットのヘアスタイルです。 手入れも楽だし、スポーツ刈りや坊主よりオシャレなのでスポーツ選手などにも人気です。 では切っていきましょう。 カット前。 全体的に長めです。 頭頂部から前に向かって切っていきます。 仕上がりのイメージをしながら頭頂部の長さを決め、切っていきます。 上の写真で切った長さをガイドにしながら、同じように前髪まで切り進んでいきます。 AからBの間を前髪まで切り終えました。 トップの長さ(A・B をガイドにして、ハチ周りの長さを切っていきます。 トップが1番長くなるように、頭の丸みに合わせてトップと同じようにハチ周りを一周切り進めていきます。 トップとハチ周りを切り終えた状態です。 ソフトモヒカンぽいシルエットが出来てきました。 耳の上の髪を6ミリのバリカンで矢印方向に切っていきます。 切り終えた状態です。 耳後ろからえりあしにかけても、同様に切り進めていきます。 バリカンは矢印のように入れていきます。 刈りあげた状態です。 左側も同様に刈り上げていきます。 横と後ろの刈り上げ完了です。 際の刈り残し部分はバリカンで揃えてあげると仕上がりがキレイです。 えりあしも同様に整えます。 トップ、ハチ周りと切り進めてきた青矢印と、耳上から刈り上げてきた赤矢印の延長線上に角ができるはずです、その角を切り落として滑らかに繋げていきます。 反対側も同様です。 髪の毛をすいて軽くしていきます。 最初にトップを切った時のように、頭頂部から少しずつ毛先を軽くしていきます。 スキバサミはスキ率15〜20%くらいの目の細かいものがおススメです。 スキバサミのくし目の刃が表側になるようにハサミを入れると自然に馴染みます。 スキバサミは髪の毛の長さの半分から毛先までの間に入れましょう。 根元付近に入れると短い髪がツンツン立ってしまいます。 カット終了です。 ヘアワックスをつけてセットしていきます。 トップの髪の毛にヘアワックスを揉みこんでいきます。 毛先をつまんで動きをつけます。 完成です。

次の