足 つぼ 膀胱 痛い 理由。 カリスマ足ツボ師Mattyさんが教える最強の解毒ツボ

なぜ足揉みは痛いのか 【ウインターベル健康ショップ】官足法の足つぼ治療・足裏マッサージ治療用健康器具

足 つぼ 膀胱 痛い 理由

マッサージ後の不調は悪いものではない!? 副作用を理由に、足裏マッサージを断念される方が多いそうです。 足裏マッサージを続ける事は、血行障害を理由とする様々な不調を改善・予防することに繋がります。 諦めずに続けるために、足裏マッサージの副作用について知っておくと良いでしょう。 血行障害を原因とする様々な症状 肩・関節・腰の痛み 体重の負荷がかかりやすい関節に影響が出ることで起こります。 頭痛・生理痛・眼精疲労 冷えを原因とする機能低下により影響が出ます。 シミ・くすみなどの肌荒れ 新陳代謝に影響がでるため目に見えて影響が出てきます。 高血圧・高脂血症・動脈硬化・脳梗塞・脳卒中・心筋梗塞・糖尿病・認知症・ウツ等 血管・内臓等に血流障害のダメージを受ける事で影響が出ます。 足裏マッサージの副作用とは? 揉み返し マッサージ、整体、指圧等で、揉み返しと言う言葉を聞いた事がありませんか?施術中や施術後に起こる痛みや疲労感、これらを揉み返しと言います。 打撲や筋肉痛のような痛み マッサージが余り上手ではない人が、力任せに行うとなります。 好転反応の症状 体質改善を促す漢方薬・サプリメント・マッサージ等で良く耳にする言葉だと思います。 足裏マッサージで起こる好転反応は以下の通りです。 痒みを感じる 血行が良くなることで、血流量が増加し感覚が刺激され痒みを感じます。 ボンヤリとなり、眠気を感じる リラックス時・神経や身体の疲労時に放出されるアデノシンが原因です。 アデノシンとは、疲れた神経を休める等の作用がある睡眠物質です。 だるくなる 一部に固まった老廃物が全身にいきわたるため、疲労感を感じます。 咳・鼻水・吹き出物・尿の色が濃くなる・匂いがきつくなる 老廃物を体外へ排出しようとするために起きる作用です。 お腹が緩くなる 腸の血行も良くなるため、腸の働きが活発になります。 発熱 血流改善を行う事でリラックス・ストレスの緩和に繋がり、自律神経のバランスがとれます。 自律神経のバランスが取れる事で、正常に働かなかった免疫機能が働きだし発熱する事があります。 喉の渇きを覚える ほぐされた老廃物を排出するためには、十分な水分が必要となります。 脳に、水分不足だと指示がでるためです。 吐き気がする 老廃物が一時的に血液にたまることによりおきます。 汗をかく 血行促進により身体の内部から体温が上昇したためです。 頭痛 急激に血流が増える事で一時的に起きる頭痛です。 鎮痛剤などの利用は辞めてください。 折角よくなった血流が、鎮痛剤により再び悪くなります。 マッサージ後に起こる不調が、好転反応なのか?炎症がおこったための揉み返し現象なのか? それらを正確に判断してください。 揉み返し・好転反応の原因 揉み返し 力の入れすぎや、筋に沿わずに行うマッサージが原因です。 筋膜・筋繊維を損傷したことで炎症が起こっている状態を言います。 揉み返し(炎症)ならば、治まるまでは、足裏マッサージを停止した方が良いでしょう。 施術師等に依頼し揉み返しが起こったのなら、その方とは縁が無かったと言う事でしょう。 自分でマッサージを行っているなら、正しい足裏マッサージを心掛けましょう 好転反応時の対処方法 好転反応は、「血行の促進」「老廃物の血液排出」により起こります。 身体を温め、冷やさないようにしましょう。 老廃物を再び固めないよう、ぬるま湯等で水分摂取を行いましょう。 基本の足裏マッサージ方法 1. 足を綺麗に洗い乾燥させましょう 風呂・足湯等で足裏を柔らかくしておくと良いです。 マッサージクリーム(ハンドクリームでも良い)を塗ります 保湿等の効果があり肌が柔らかく、滑りが良くなり皮膚や筋を傷めないためです。 足首から、ふくらはぎを流すように揉みます リンパの流れをよくしましょう 4. 足裏をもみほぐします 専用の棒など色々な器具があります。 しかし、器具の利用は力が入りすぎて炎症、筋を傷めたりする原因になります。 手で揉むくらいが、ちょうど良いでしょう。 足つぼ等難しい事は気にせず、血流改善・血行促進を心掛けましょう。 白湯を飲みましょう もみほぐした老廃物を排泄するために必要です。 靴下等で足を保温しましょう 折角あたたまった足を冷やさないようにしましょう。 老廃物は溜めずに流す 老廃物が排出される事で、体調が良くなったと終わらないでください。 継続が大切なのです。 老廃物は、毎日少しずつ沈着し血行不良の原因となります。 テレビを見ながらでも構いません。 日頃から、足をもみほぐす癖をつけておくと良いでしょう。

次の

手と足の膀胱のツボが痛む

足 つぼ 膀胱 痛い 理由

店長です。 足を揉んだくらいで病気が治るだろうか、いや、あるはずもない。 もし機会があればお医者さんや漢方医の先生、鍼灸の先生にでも聞いてみて下さい。 今巷では痛すぎる足揉みがブームで、足揉みがデトックスになり健康になれると言っていますが、本当でしょうか?と。 応えは99%、そんなものは気休めです、やめておきなさい、と答えが返って来るでしょう。 では先生、足を揉んだら痛いのは何でですかねえ。 それは老化です。 年を取れば身体は固くなって当たり前。 足もそうだし肩や首も凝るでしょう。 それを強く揉んだら誰だって痛いでしょう。 ・・・的な会話が聞こえて来そうです。 私は免疫学で有名な安保徹先生の書かれた本を愛読しておりますが(とても参考になるので)、ある機会があり書をお医者さんに見せたことがあり、すると「こんなのは余り良い本じゃない。 」と一喝されてしまいました。 安保先生でもだめですか、そうですか・・・ でも想像してみて下さい。 何で足裏を強く揉んだとき(例えばゴルフボールを踏んづけてみて下さい)、こんなにも痛くなってしまったのか。 小さいお子さんに踏ませてみて下さい。 何ともないでしょう。 (まれにそうでない子もいますが) 官足法の官先生は、子供の頃平気で裸足で歩いた川原のジャリの上を、大人になってから歩いてみたら痛くて仕方がない、これはどうしてなんだろう。 それと自分の病弱が関係あるんではないだろうか。 そう思ったのが官足法を生み出す一つのきっかけになりました。 人間の血液の中には外から取り入れる人体に必要な物質(酸素や栄養、肝臓などが体内合成するもの)と、排泄するだけの不要な物質(二酸化炭素、尿素、細胞や細菌の死骸、乳酸のカスなど)とが混入しています。 それが体中をぐるぐると回っています。 「排泄するだけの不要な物質」とは、老廃物と言います。 これらが何かのきっかけで身体の中のどこかにくっついて離れなくなる。 それが主に血管を詰まらせ、圧迫し、柔軟性を失わせるのです。 「血行が悪くなる」とは、そういうことではありませんか? 血行が悪くなっても悪いことはない、あなたの病気とは何ら関係はありません。 というお医者さんがいるでしょうか。 是非聞いてみて下さい。 日本の偉人の一人、細菌学の野口英世医学博士でさえ、「全ての病気の原因は酸素不足にある」、と名言を残されています。 酸欠とはつまり、血行不良のことです。 また、ノーベル賞受賞者であるドイツの医学博士オットワールドも「ガンの発生は酸素欠乏症によるものだ」と発表しています。 では血行不良を治す薬を飲むと良いです、なんて、それができたら苦労はしません。 血行不良を根治させる薬なんてないんです。 改めて、足の裏は強く揉まれるとなぜすごく痛いのでしょう。 普通に歩いたり、ハードにジョギングしているときでさえ何ともないのに、ちょっとツボ押しの先生がこぶしでグリグリっとしただけで悲鳴を上げなくてはならないのか。 官足法のセミナーで一人一人体験させられることがありますが、悲鳴に絶叫、怒る人までいる。 涼しい顔をして、黙って施術を受けれる人などほとんどいません。 「先生!あ!痛い!」と叫ぶから「私に会いたいって?今会ってるじゃないですか。 」などと先生にギャグを飛ばされ会場に笑いが起こることも。 なぜこんなに痛いのか。 初めは小さな老廃物の気まぐれな付着がありました。 小さな付着が次の付着を招きます。 そしてまた次、次々に同じところに集まってきます。 街中でも見かけますね。 一つのごみが感染したかのように拡大してゴミためを作っている場所。 足の裏は人体でも環境の悪い場所です。 まず、立って歩けば必ず圧迫を受けてしまう。 靴を履けば知らずと締め付けをくらって窮屈になる。 心臓から遠くてなおかつ重力に逆らう折り返し地点である。 寒い冬ともなれば、冷えた地面の冷気を受けて、冷たく鈍くなる。 夏は夏で靴の中でむれて時には水虫の温床となってしまう。 そんな場所ですから余計にです。 くっついた老廃物は次々に集まって、それが歩行によって踏み固められ、血管の内側などにしっかりと張り付き、どんどん大きく固くなってやがて結晶のようになってしまうと想像できます。 道路に張り付いて取れなくなったチューインガムのカス、あれを想像してしまいます。 それがもっと石粒のようにまで固くなったものではないでしょうか。 それは1ケ所に留まらず、足裏全体に蔓延してゆき、足は彫刻のように固くなり、冷たくなり、血液は必死で通ろうとする、でも一部はかなわずに足首あたりでUターンしてしまうものもあったりする。 血液を強く押し出そうとして心臓に負担がかかり心臓が肥大したり故障もありうる。 高血圧の80%は、足裏や膝裏を揉みまくって治りますから(根拠はないが単に実績のみ)、そこのところは、単純に老廃物が足裏や膝裏で血管を圧迫して摩擦を起こしていたと官足法では考えています。 医学的根拠だけが全てではないと思います。 さて、足裏をかっさばいてその老廃物の結晶たるものを摘出した人はいませんから、どんな形状や色をしているものかは分かりません。 ただ一つ言えるのは、足裏に万病の原因がある(=血行不良=細胞の酸欠が万病の原因)とするのは、とにかくほとんどの病気が足裏いじめに徹することで治っていったという無数の実例が30年も繰り返されてきたという、事実にもとづくものでもあります。 老廃物の形状、分布の仕方、成分の特徴など、科学的な研究者もいないので良くは分かりませんが、存在自体は触って分かることがあります。 足裏にしこりがある(揉んで分かるもの、中には表面にまで浮いて見えるものまで)。 カチカチのもの、コリコリしたもの、ぎゅにゅっと柔らか気味のもの、様々です。 強く揉むとジャリジャリ(音がするくらい)することはしょっちゅう。 これを強く揉んで揉んで細かく砕いて組織から引っぺがして小さな粉末にまで切り崩し、ようやく血液に戻って排泄させることができます。 それには半年から1年はかかる。 数十年かけて溜めてきた汚れです。 1年で取れるなら良しとしましょうよ。 老廃物がきれいになくなったら、確実に分かることが最低一つあります。 もう、誰に足を揉まれようと、ゴルフボールを踏んで立とうと、痛くなんてありません。 ジャリの上を軽く駆け抜けても平気です。 これがかつて、ちょっと指圧の先生に揉まれただけで、ひいっとなった自分の足なのか、と不思議な感慨にふけることでしょう。 ・・・だから何だって言うんですか。 そんなことをしても血行が良くなるなんてことはありません。 ましてあなたのその深刻な持病が治るなんてあほらしい。 医者に言われたとおりにお薬をちゃんと飲んで、効かなくなったら場合によってはささっと摘出してしまいましょう。 それで楽になれます。 と言われますよ。 病院の先生に相談したら。 でも、薬が悪だという気はありません。 それで治る人も沢山います。 神がかり的な手術で死線から帰る人も沢山います。 まして、足揉みは外科の領域には敵わないのです。 大やけどしたり、大怪我をしたりして、のんびり足を揉んでる時ではありません。 すぐにも外科の先生に助けを求めましょう。 官足法というのは外科を除く内科系の問題において、提案されてきた一つの仮説にもとづく健康法です。 反対する人や信じない人はたくさんいます。 でも、選択肢の一つとして、何かしら良い事かもしれないから、と思って記憶に残しておいても損はないと思います。 副作用がない。 そこが薬とは大きく違う点です。 官足法でも若石法でも良いのです。 あなたの足裏が痛いのはなぜか。 時々思い出してみて下さい。 店長でした。 (参考) 外反母趾対策に良いと思われるものです。 以下ご参考まで。 運送について ヤマト運輸(宅急便又はコンパクト便)、日本郵便(ゆうパック)、もしくは佐川急便からの発送となります(選べません)。 ご注文時にご希望の日時がございましたら、ご指定下さい。 日時をご指定頂く場合は、ご注文日から土日を除く5営業日以降でお願い致します。 メール便は基本的に日本郵便のスマートレターでの発送となります。 追跡番号はありません。 商品に傷がつかないよう、厳重に梱包しますため、過剰包装気味になりますが、ご了承くださいませ。 その他の商品につきましては、梱包の上、宅配袋(箱)にてお送りさせていただいております。 納期について 北海道、沖縄、九州、四国、一部の離島につきましては、商品の発送日より2日~3日後の到着の予定となっております。 それを除く地域に関しましては、発想翌日もしくは2日後到着の予定となります。

次の

間質性膀胱炎という症状をご存知ですか?|CoCoKARAnext(ココカラnext)

足 つぼ 膀胱 痛い 理由

心臓から流れた血液は足に送られそこからまた心臓へ送り返されます。 そのポンプ作用の働きをしているのが足の筋肉。 その為、 足は第二の心臓と呼ばれています。 中でも足裏は反射区と呼ばれるツボが無数にある足の中でも重要な箇所です。 足つぼを全部覚えることが出来れば、筋肉だけでなく、胃や心臓、肝臓などの各臓器のどこが悪いか足のつぼを押して痛みがあるかどうかで判断することも出来ます。 もちろん、 医師の診断は必須ですが、お客さんの生活習慣からどのあたりの臓器が悪そうか予想して押してみると痛みのある部位と関連していることが多くあります。 例えば、暴飲暴食が続いている人は肝臓のツボや胃腸のツボを押すと激痛が走ります。 バランスの取れた食生活の人の肝臓や胃腸のツボを押しても痛みは感じず、むしろ気持ちよくて眠ってしまうこともあります。 普通のマッサージでは筋肉にしかアプローチできませんが、足つぼとマッサージを覚えていくことで 臓器にまでアプローチしていけるのが足つぼマッサージの面白い所です。 どこからすれば?多すぎる足つぼの数 足つぼの配置は人体の 内臓や器官の配置に似ており人間の体の縮図とも言われます。 全てのツボの箇所を覚えて適切にツボを刺激すれば、筋肉だけでなく内臓を含めた全身のケアが出来ます。 しかし、それだけに足つぼの種類は数多くマッサージ業界初心者の頃は取り組みにくい箇所でもあります。 デトックスの足つぼから始めてみよう そこで、おススメなのが マッサージ後、体に溜まった老廃物の排泄を促すことで体の回復を早めることが出来るデトックス効果のある足のつぼです。 全身のマッサージを行うことで、筋肉がほぐれて血行が良くなります。 すると、血流が滞ることで溜まっていた疲労物質が一気に全身に流れ始めるので、体に重だるさを感じ始めます。 いつものマッサージに合わせて、利尿作用があるツボを押しておくとマッサージ後の疲労物質や老廃物を排泄しやすくできるのです。 全身のマッサージと足つぼのマッサージ後に、コップ一杯の水を飲んでもらえれば一気に体の毒素を排出しスッキリとした元気な状態に導けます。 その為、まずはデトックス効果の高い 膀胱、腎臓、尿管の3点セットのツボを覚えるところから始めてみましょう。 膀胱のツボ 足の内側、くるぶしから指約2本分下に位置するのが膀胱のツボ。 押し方は、親指で押し込むようにするか、人差し指か中指で 親指を挟み込み指を曲げた状態で第二関節を差し込むように押しましょう。 強さはお好みですが、直接、利尿作用を促せるツボなのでしっかりと強めに押すと効果的です。 また、この膀胱のツボからデトックスのツボは連なっているので押さえる箇所を間違えないように気をつけましょう。 間違えてしまうと、この後に続くデトックスのツボの 位置が微妙にズレていってしまうので効果が半減してしまいます。 尿管のツボ 足裏にある膀胱のツボと腎臓のツボを繋ぐようにあるのが尿管のツボ。 排泄物をスムーズに流す役割に効果を発揮します。 親指や中指の第二関節を使って こし出す様になぞりながら押しましょう。 こし出すようにこすりあげて押していくと、指先に「ぷちぷち」とした感触を感じることがあります。 それは、まさにコリなのでしっかりと、 ぷちぷちとした感触がなくなるまで押していきましょう。 痛すぎるようなイメージがありますが、意外とその「ぷちぷち」とした部分をこすりあげられるのは気持ちがいいものです。 遠慮なくどんどん押してください。 腎臓のツボ 土踏まずのやや上の方、足裏のど真ん中に位置する腎臓のツボ。 デトックス効果だけでなく腎臓はエネルギー代謝の要となる臓器なので肥満解消の効果もあります。 親指や中指の第二関節を使って押圧しましょう。 基本的に強めの圧が効果的です。 しっかりとこのツボに圧をかけて刺激することができると施術中にお客さんの体がぽかぽかとして温かくなっていきます。 施術後もその効果は持続しますから冷え性で悩む女性のお客さんに、特におすすめのツボでもあります。 下から順番に押し上げるようなイメージで 膀胱から尿管、腎臓へと 足裏の下から上へ向かってこすりあげていく様にツボを刺激するのがポイントです。 必ずこの 3つのツボはセットで押してください。 3つのツボを刺激することで体の排泄が促進、新陳代謝が促されることでマッサージ後の体の回復がより高まります。 きちんとこの三点を押すことができれば、施術中にトイレに行くこともあるほど効果のあるツボです。 足つぼマッサージにまだ挑戦したことがない整体師、セラピストの方は施術中や、施術後すぐにトイレに行かせることができるのを一つの指標として頑張ってみるのも良いと思います。 足つぼマッサージの基本デトックスのツボのまとめ 足つぼは数が多すぎてマッサージ初心者は取り組みにくい箇所ではあるが、足つぼを刺激することで筋肉だけでなく、内臓にまで効果的にアプローチすることが出来る。 まずは、膀胱、尿管、腎臓のデトックス効果のある3つの足のつぼから始めるのがおすすめ、3点セットで押すとマッサージ後の新陳代謝が促進され、体の回復が高まる。 膀胱、尿管、腎臓のツボの順番に下から上に向かって押すとやりやすい。 押し方に決まりはないが、各足のつぼはしっかりと拇指や、人差し指、中指の第二関節を使って 強めに押すのが鉄則。 慣れるまでは力を使う押し方になりがちですが、段々と体重を上手く乗せて楽に押せるようになっていきます。 基本となるデトックスの3つのツボをしっかりと押せるようになったら、徐々に押すツボの数を増やしていきながら、足つぼのマッサージを覚えていきましょう。

次の