高速道路 交通規制。 山梨県道路規制情報

リアルタイム交通情報

高速道路 交通規制

大会時の交通マネジメント 東京2020大会では、大会関係者及び観客の安全で円滑な輸送と、物流を含めた都市活動の安定との両立を図ることとしています。 大会期間中の道路交通において、7 月から9 月上旬は例年交通量が多い上に、大会関係車両等の利用が加わることから、何も対策を行わなかった場合、高速道路の渋滞は現況の2 倍近くになります。 公共交通においても観客の利用等を要因として、会場周辺や近傍路線を中心に局所的な混雑の発生が想定されています。 そこで、東京2020大会では、関係機関が協力して適切な交通マネジメントを行い、多くの企業や市民の理解と協力を得ることで良好な交通環境を創出し、信頼性の高い大会輸送と都市活動の両立を図っていきます。 大会期間中の実施目標 大会期間中の実施目標を次のとおり設定しています。 【道路交通】 道路交通では、競技の運営に必要な時間帯の混雑緩和に向け、以下により交通状況の実現を目指します。 料金施策による交通需要調整 料金施策の考え方 TDMにより交通需要が減少した場合においても首都高速道路の交通量は減り難い傾向にあることや、大会関係車両やその他大会に伴って発生する追加的交通により交通量が増加すること、また、約1か月に及ぶ大会期間中に交通需要の低減・分散の継続が必要であることなどを踏まえると、首都高速道路において休日並みの良好な交通状況を目指すためには、流動性確保に向けた追加対策が必要となります。 追加対策としては、ナンバープレート規制やHOVレーンなども挙げられるますが、首都高速道路の構造的な問題(片側2車線など)等が存在するため、既存ETCシステムが活用可能な料金施策による交通需要調整が適当と考えられます。 料金施策による交通需要調整の内容は、首都高速道路の流動を確保する効果、TSM など交通規制を行う強度と影響、一般道での交通渋滞の発生などの影響、さらには料金の経済的負担の度合いの観点などを考慮することが重要となります。 なお、料金上乗せに伴う収入と、夜間割引の実施や料金システム改修等にかかる費用などが均衡するように検討していきます。 設定したトラフィックペリメーター及びその外側の幹線道路に迂回案内看板や必要に応じ交通誘導員等を配置し車両の迂回を促し、設定したトラフィックペリメーター内への通過車両の進入を抑制する。 なお、トラフィックペリメーター内側の生活、業務等に係る交通については、トラフィックペリメーターによる進入抑制の対象とはしない。 2 通行規制エリア 会場の直近においては、車両通行禁止等の交通規制を行い、警備員等による誘導によって通過交通を制限する。 なお、生活、業務等に係る交通については進入抑制の対象としない(一部を除く)。 3 専用レーン、優先レーン等 会場周辺において、大会関係車両を対象とした専用レーン・優先レーンの設定、駐車対策、信号調整等を現地の状況を踏まえ実施する。

次の

ドライバーズサイト

高速道路 交通規制

大会時の交通マネジメント 東京2020大会では、大会関係者及び観客の安全で円滑な輸送と、物流を含めた都市活動の安定との両立を図ることとしています。 大会期間中の道路交通において、7 月から9 月上旬は例年交通量が多い上に、大会関係車両等の利用が加わることから、何も対策を行わなかった場合、高速道路の渋滞は現況の2 倍近くになります。 公共交通においても観客の利用等を要因として、会場周辺や近傍路線を中心に局所的な混雑の発生が想定されています。 そこで、東京2020大会では、関係機関が協力して適切な交通マネジメントを行い、多くの企業や市民の理解と協力を得ることで良好な交通環境を創出し、信頼性の高い大会輸送と都市活動の両立を図っていきます。 大会期間中の実施目標 大会期間中の実施目標を次のとおり設定しています。 【道路交通】 道路交通では、競技の運営に必要な時間帯の混雑緩和に向け、以下により交通状況の実現を目指します。 料金施策による交通需要調整 料金施策の考え方 TDMにより交通需要が減少した場合においても首都高速道路の交通量は減り難い傾向にあることや、大会関係車両やその他大会に伴って発生する追加的交通により交通量が増加すること、また、約1か月に及ぶ大会期間中に交通需要の低減・分散の継続が必要であることなどを踏まえると、首都高速道路において休日並みの良好な交通状況を目指すためには、流動性確保に向けた追加対策が必要となります。 追加対策としては、ナンバープレート規制やHOVレーンなども挙げられるますが、首都高速道路の構造的な問題(片側2車線など)等が存在するため、既存ETCシステムが活用可能な料金施策による交通需要調整が適当と考えられます。 料金施策による交通需要調整の内容は、首都高速道路の流動を確保する効果、TSM など交通規制を行う強度と影響、一般道での交通渋滞の発生などの影響、さらには料金の経済的負担の度合いの観点などを考慮することが重要となります。 なお、料金上乗せに伴う収入と、夜間割引の実施や料金システム改修等にかかる費用などが均衡するように検討していきます。 設定したトラフィックペリメーター及びその外側の幹線道路に迂回案内看板や必要に応じ交通誘導員等を配置し車両の迂回を促し、設定したトラフィックペリメーター内への通過車両の進入を抑制する。 なお、トラフィックペリメーター内側の生活、業務等に係る交通については、トラフィックペリメーターによる進入抑制の対象とはしない。 2 通行規制エリア 会場の直近においては、車両通行禁止等の交通規制を行い、警備員等による誘導によって通過交通を制限する。 なお、生活、業務等に係る交通については進入抑制の対象としない(一部を除く)。 3 専用レーン、優先レーン等 会場周辺において、大会関係車両を対象とした専用レーン・優先レーンの設定、駐車対策、信号調整等を現地の状況を踏まえ実施する。

次の

山梨県道路規制情報

高速道路 交通規制

大会時の交通マネジメント 東京2020大会では、大会関係者及び観客の安全で円滑な輸送と、物流を含めた都市活動の安定との両立を図ることとしています。 大会期間中の道路交通において、7 月から9 月上旬は例年交通量が多い上に、大会関係車両等の利用が加わることから、何も対策を行わなかった場合、高速道路の渋滞は現況の2 倍近くになります。 公共交通においても観客の利用等を要因として、会場周辺や近傍路線を中心に局所的な混雑の発生が想定されています。 そこで、東京2020大会では、関係機関が協力して適切な交通マネジメントを行い、多くの企業や市民の理解と協力を得ることで良好な交通環境を創出し、信頼性の高い大会輸送と都市活動の両立を図っていきます。 大会期間中の実施目標 大会期間中の実施目標を次のとおり設定しています。 【道路交通】 道路交通では、競技の運営に必要な時間帯の混雑緩和に向け、以下により交通状況の実現を目指します。 料金施策による交通需要調整 料金施策の考え方 TDMにより交通需要が減少した場合においても首都高速道路の交通量は減り難い傾向にあることや、大会関係車両やその他大会に伴って発生する追加的交通により交通量が増加すること、また、約1か月に及ぶ大会期間中に交通需要の低減・分散の継続が必要であることなどを踏まえると、首都高速道路において休日並みの良好な交通状況を目指すためには、流動性確保に向けた追加対策が必要となります。 追加対策としては、ナンバープレート規制やHOVレーンなども挙げられるますが、首都高速道路の構造的な問題(片側2車線など)等が存在するため、既存ETCシステムが活用可能な料金施策による交通需要調整が適当と考えられます。 料金施策による交通需要調整の内容は、首都高速道路の流動を確保する効果、TSM など交通規制を行う強度と影響、一般道での交通渋滞の発生などの影響、さらには料金の経済的負担の度合いの観点などを考慮することが重要となります。 なお、料金上乗せに伴う収入と、夜間割引の実施や料金システム改修等にかかる費用などが均衡するように検討していきます。 設定したトラフィックペリメーター及びその外側の幹線道路に迂回案内看板や必要に応じ交通誘導員等を配置し車両の迂回を促し、設定したトラフィックペリメーター内への通過車両の進入を抑制する。 なお、トラフィックペリメーター内側の生活、業務等に係る交通については、トラフィックペリメーターによる進入抑制の対象とはしない。 2 通行規制エリア 会場の直近においては、車両通行禁止等の交通規制を行い、警備員等による誘導によって通過交通を制限する。 なお、生活、業務等に係る交通については進入抑制の対象としない(一部を除く)。 3 専用レーン、優先レーン等 会場周辺において、大会関係車両を対象とした専用レーン・優先レーンの設定、駐車対策、信号調整等を現地の状況を踏まえ実施する。

次の