退職届テンプレート。 【テンプレートあり】退職届・退職願・辞表の書き方!フォーマットDL

[文書]テンプレートの無料ダウンロード: 退職届

退職届テンプレート

会社都合退職と自分都合退職の違い 退職理由は個人個人で違うと思いますが、大きく分けると「会社の都合か」「自分の都合か」の2つになります。 そう、リストラや倒産などによる会社の都合による退職であるか、自分から辞める事にした場合なのか、という大まかな退職理由の違いです。 まずは会社都合退職と自己都合退職の違いについて、詳しく確認していきたいと思います。 会社都合退職とは 会社都合退職は、例えば経営不振・業務縮小・倒産などの理由により、会社側から一方的に労働者を退職せざる追えない状態になることです。 自分都合退職とは 自分都合退職は、引越し・結婚・出産・転職などの個人的な理由によって、自分で退職という道を選んだ場合のことを言います。 関連相談• 会社都合退職のメリットとデメリット リストラや倒産などと言うと暗くマイナスイメージが強く感じられてしまいますが、労働者側から見た会社都合によるメリットもあります。 メリットだけではなく、デメリットとともにご紹介していきたいと思います。 会社都合退職のメリット 会社都合による退職でもっとも大きなメリットと言えば、失業手当の給付に関してです。 失業後に貰える失業保険。 自己都合退社の場合には、手続き後に7日間の待機期間を経て、更に3ヶ月待った後に給付されます。 3ヶ月以上もの間、収入が無い状態で過ごさなくてはいけないというのは、厳しいものです。 ですが、会社都合による退職の場合、手続き後の7日間の待機期間を待てば給付されます。 また、給付期間も90日から最大330日(自己都合は最大150日間)と長く、国民健康保険税も最大2年間減額となります。 会社都合退職のデメリット 会社都合退職によるデメリットは、再就職を考えた際に問題となる場合があります。 再就職活動を行った際に、前職の退職理由を尋ねられることは必然です。 会社が倒産したという、個人の力ではどうしようもない問題で退職となったのであれば話は別ですが、解雇(リストラ)などの個人の問題に関係する理由での退職であれば、なんらかのトラブルを抱えている人物という目で見られてしまう可能性が高いのです。 今後の履歴にも「会社都合による退職者」という事項が残りますので、もし退職理由を自己都合ではなく会社都合に調整しようと考えている場合には、退職となった原因をしっかりと見据え、今一度検討してみることをおすすめします。 関連相談• 会社都合退職なのに退職届は必要なの? 退職届は退職を希望する際に、退職者側の意志を明確にするために提出する書類です。 ですが、それでも退職届の提出を求められる場合があります。 それは様なケースなのでしょうか? 会社都合退職なのに退職届を求められることがある? そもそも、自己都合であっても退職届の提出は法律の観点で見ると、必須というわけではありません。 意志確認のために提出するようなもので、民法上では退職の通知は口頭や別の手段でもかまわないとされています。 自己都合退職の場合、会社としてその意志が明確であることを履歴として残しておいた方が、後々トラブルになった際にも回避できますので、退職届の提出を求められることが一般的です。 ですが、会社都合で退職届の提出を求められた場合、自己都合退職として手続きが行われてしまう可能性があります。 自己都合退職となると、失業手当の給付期間が短かくなったり、早く支給されないなどのデメリットが出てきてしまいますので、注意が必要です。 どうしても退職届の提出を求められたら? どうしても退職届の提出を求められた場合には、自己都合ではなく会社都合による退職であることを、退職届に明記しましょう。 また、退職届の記入を求められた際の様子を記録に残しておくのも良いでしょう。 やり取りを録音したり、書面として記録に残しておくというような方法で、退職届の提出を会社側から敢えて求められたものであることをハッキリとしておきましょう。 関連相談• 会社都合の場合の退職届の書き方とは? では、具体的に会社都合となった際の退職届の書き方について、例文とともにご紹介していきたいと思います。 会社都合の退職届の書き方 一般的に、退職届の本文の出だしは「一身上の都合により」から始まると思います。 この書き方は、自己都合退職による場合の書き方になります。 会社都合退職の場合には、この退職届本文の冒頭を「貴社、退職推奨により」「雇用契約終了に伴い」という言い回しに変えて、記入します。 会社都合の退職届のテンプレート 会社都合の場合の退職届の例文です。 以下、ご参考ください。 本文の冒頭の文面を「一身上の都合により」と書かないように注意しましょう。 関連相談• 会社都合で退職届を出す際の良くある質問 会社都合による退職に際して、退職届を出すことになった時によくある疑問点について、まとめました。 会社都合なのに自分都合退職にさせられることがある? 会社都合による退職なのに退職届の提出を求められた際には、自己都合退職として処理されてしまうケースがあります。 それは退職届の定型文である「一身上の都合により」と記した場合などに該当します。 会社都合の退職の場合には退職届の提出は必要ありませんが、もし退職届の提出を求められた場合には書き方に十分注意しましょう。 また、会社都合での退職であることを会社側とやり取りした際、履歴を残すようにしましょう。 その時の内容を録音する、書面にして提示してもらうなど、対策を考えておくことが大切です。 会社都合で退職できるケースとは? 会社都合で退職できる、もっとも多いケースは「リストラ」ではないでしょうか。 会社側が退職金上乗せなどの条件で早期退職を募るなどと言った場合も、これに該当します。 また、会社が倒産という場合も該当します。 退職推奨とは? 退職推奨とは、一言で言えば「肩たたき」です。 解雇とは違い、会社が退職と奨めてくることで、実際に退職するかどうかの判断は労働者になります。 退職推奨によって退職した場合、会社都合ではなく自己都合による退職と見なされます。 この他退職理由に関する詳細は以下記事からご覧いただけます。

次の

退職願・退職届の書き方ガイド

退職届テンプレート

基本は退職交渉時に決まった日付、わからなければ退職交渉をした相手に確認しましょう• 職交渉前に退職「願」を提出する場合は、提出日の日付を書く• 一行開けて、提出する日付と所属部署名、自分の名前を書く• 自分の名前の下に認印(三文判はOK、シャチハタはNG)で捺印• 結婚・出産・病気に伴う退職の場合も、自分の意志で退職する場合は「一身上の都合」と書きましょう。 横書き退職届・退職願を書く場合 退職届・退職願は一般的には縦書きですが、企業側から横書きでの提出を求められる場合もあるでしょう。 横書きの場合は次のように記入します。 <手順>• 一行目に中央寄せで「退職届」または「退職願」と書く• 二行目に提出する日付を記載• 宛名として退職する会社の正式名称と正式名称と代表者名(社長)を省略せずに書く• 自分の名前を所属部署から書き、認印または三文判で捺印(シャチハタ不可)• 名前の行から二行改行し、行の最後に「私事、」と書く• その次の行から本文を明記(本文は縦書きの場合を参照のこと)• 最後の行に右寄せで「以上」として締めくくる 縦書きとの違いは、まず日付・宛名・自分の名前が本文より先に来ること、そして文末に「以上」が付くことです。 それ以外のルールは縦書きの場合と変わりません。 パソコンで作成する場合 下記にPC作成用のフォーマット・テンプレートをご用意しました(doc形式。 Microsoft word97以上推奨)。 ダウンロード完了後、お使いのPCのMicrosoft wordでファイルを開く• 提出日付と、グレーになっている部分(あなたの所属と氏名、退職する企業・代表者)を記入• 記入が終わったらグレーの文字は全て消す• プリントアウトの上、あなたの名前の下に認印で捺印 退職届・退職願を入れる封筒の書き方 封筒のオモテには「退職願」または「退職届」と記し、裏には左下に所属部署と自分の名前を記入します。 封をする必要はありません。 退職届・退職願は三つ折りにして封筒に入れましょう。 三角形のオレンジマークの位置を参考に、用紙の向きに注意して封筒へ。 そんな場合は次のように考えるとスムーズです。 また、退職届と退職願はどちらか一方を出せばOK。 退職願も退職届も、自己都合で会社を辞める際に、民法および労働契約法の「労働契約の解約の申し入れ」を行うために提出する書類。 承諾後の効力は同じです。 退職届と退職願の違い 労働契約を従業員側から一方的に解約する告知書類である退職届に対し、 退職願は、「退職させてほしい」とお願いするためのもの。 そのため、提出後も企業側の社長や人事部長など 、 人事権を有する人が受理・承諾するまでは、撤回できる可能性が残ります。 ただし、一度退職の意志を掲げてしまった以上、現実にはなかなか撤回させてもらえない場合も。 仮に残ることができたとしても、上司・同僚との間に気まずいしこりが残ってしまったり、他部署への異動や人事評価への悪影響など、不利益がある こともあります。 撤回する可能性があるなら、 まずは退職願や退職届を書くのではなく、上司に「相談」というかたちで話を持っていくと良いでしょう。 退職届も本人の意志に反して提出したものは無効になる場合も 退職届は退職願と違って撤回できませんが、本人の意思に反するかたちで提出した場合は、無効と見なされるケースもあります。 コラム:「辞表」と退職届・退職願の違い 「辞表」は、経営者や役員(理事、取締役、執行役、監事・監査役、支配人、本店・支店の事業主任者など)等、一定の役職にある人が書くものです。 一般的な従業員の場合は、「退職願」か「退職届」を提出しましょう。 会社都合での退職届・退職願の書き方は? 会社都合退職の場合、退職届や退職願を書いて出す必要はありません。 もし会社都合や解雇の場合に退職届や願の提出を求められたら、慎重に判断を行いましょう。 提出することで、自己都合退職にされてしまう可能性があります。 どうしても退職届や願を出してほしいと言われた場合は、退職の理由に 「貴社、退職勧奨に伴い」 と書きましょう。 退職願・退職届の書き方や文面はほぼ同じ• 基本はA4縦書き。 手書きの場合はシンプルな便箋に。 既に退職交渉が済んでいる場合は退職届• 自己都合で退職するなら求められなくても必ず提出 退職届も退職願も、退職できるか否かを決める大切な書類です。 くれぐれも間違いや誤解のないよう、細心の注意を払いましょう。 また、会社が辞めさせてくれない場合や引き止めにあってしまった場合は以下の記事も参考にしてください。

次の

退職届 テンプレート、フォーマット、ダウンロード(サンプル例文付)

退職届テンプレート

退職届の書き方をご紹介する前に、退職届を出す時期について書きたいと思います。 一般的に、退職届の提出は最低でも1ヶ月前までとされています。 また、会社の規定によって時期が定められている場合もありますね。 会社が規定を定めている場合は、仕事の引継ぎ業務を潤滑に行うことを考慮しているためです。 ですから会社に規定がある場合は、その規定に従うべきです。 退職勧奨を受け入れる時は退職日の14日前までに出せばよい では退職勧奨を受け入れる場合、退職届はいつまでに提出すればよいのでしょうか。 民法では、退職の意思表示は「退職日の14日前」と定められています。 この期間を守ればいいわけです。 退職届は一度受理されてしまうと無効にはできません。 退職勧奨を受けたものの、実は迷っているようでしたら、14日前まで十分に考えるのもいいでしょう。 会社側から「早く退職届を出すように」など、強制的な行動にでられた場合も応じる必要はありません。 この期間に、退職勧奨された際の退職届けの書き方を十分理解しておきましょう。 退職勧奨を受ける時の退職届の書き方とは? 退職勧奨による退職届を書く際に、一番重要な点が退職理由の書き方です。 たかが退職理由でしょ、とあなどってはいけません。 この退職理由ひとつが、退職金、失業保険などに大きく影響してくるのです。 ここで、退職金に関してご紹介しますと、勤務年数によっても違いが出てくるのですが、自己都合の退職と会社都合の退職では、退職金に40パーセント近くの差がでる場合があります。 退職理由の書き方は「会社都合により」もしくは「退職勧奨に伴い」 会社都合による退職金のほうが、自己都合よりも多くなります。 退職勧奨を受け入れる場合は、必ず退職理由を「会社都合により」もしくは「退職勧奨に伴い」としましょう。 もし、会社側が「理由は一身上による退職にしろ」と言ってきても応じる必要はありません。 退職勧奨を受けた際、退職届の退職理由の書き方には十分に気をつけてください。 退職勧奨を受け入れる場合の退職届の書き方 では実際に、退職勧奨による退職届の書き方をご紹介していきたいと思います。 まず、行中央あたりから「退職届」と、書きます。 自己都合での退職届と、退職勧奨を受けた退職届けの書き方の違いは、退職理由にありますので注意して下さい。 退職勧奨を受ける時の退職届は必ず「会社都合により」「退職勧奨に伴い」という書き方をしよう 退職勧奨を受けた際の退職届の書き方で一番注意する点は、退職理由の書き方です。 退職の理由によって、退職後に受け取れる金額に大きな差が出てきます。 退職勧奨を受ける時は、充分注意した上で退職届を書いてください。

次の