だん びら。 「ウィザードリィ2 リルガミンの遺産」武器 +GBCLOVER

「ウィザードリィ2 リルガミンの遺産」武器 +GBCLOVER

だん びら

人によっては不快に思うかもしれない性器に関する画像がありますので,それらの写真があることを了解のうえお読みいただきますようお願いいたします。 今回は,男性のための女性器入門です。 外性器というのは,膣の中のような外から見えない部分ではなく,外から見えている(露出している)性器の部分を指します。 もしかしたら,男性は膣と肛門の区別くらいしかつけていないかもしれませんが,今回の記事を読んでいただき,より広い知識を持ち帰ってもらえたらと思います。 外性器の名称や機能を知ることで,SEXのときの女性の反応をより丁寧に観察することができるようになると思います。 男性のひとりよがりではないSEXに向けた学びにもなるでしょう。 女性外性器:それぞれの名称と機能 大陰唇 男性にとって,「大陰唇」…と言われてもそれはどこでしょうか?という場所かもしれません。 場所はここになります(下の画像) 見た目にもわかりやすいクリトリスや小陰唇とは違う場所なので,これはいったいどういう場所なのかという疑問や部位としてはっきりとした輪郭もないので理解しにくいかもしれません。 wikipediaの説明です。 大陰唇(だいいんしん、英: Labia majora)とは、女性器の外陰部における、脂肪組織に富んだ左右一対の襞のことで、内部にある生殖器と尿道口を保護する役割を持つ。 左右大陰唇の間にある、縦に裂けた溝を「陰裂」と言う。 左右の大陰唇が前方で合うところを「前陰唇交連」、後方で合うところを「後陰唇交連」と言う。 また、大陰唇の内側にあるひだを「小陰唇」と言う。 <中略> () この大陰唇ですが,SEXのときになると(つまり,興奮してくると)膨らんできます。 膨らむことによって,普段閉じている大陰唇が中心を境に左右に開いていきます。 脂肪組織であると同時に,興奮時に血液が流れていくことで膨らんで, 外からの力(SEXのときのピストン運動など)から膣内の性器を守るクッションの役割もしてくれます。 女性の体を守ってくれる大切な部分なのです。 小陰唇 男性がよく「ビラビラ」みたいな言い方をしているのを耳にします。 たしかに見た目はビラビラですね。 wikipediaにはこうあります。 小陰唇(しょういんしん、英: Labia minora)は女性器の一部で、陰核包皮と連続するように始まり、尿道口と膣口の両脇にある襞状の薄い肉びら。 触られると性的快感がある。 女性が性的に興奮していない時は、左右の小陰唇が閉じて尿道口や膣を守っている。 しかし、性的に興奮すると小陰唇の血流がよくなり肉びらが膨張し、左右に大きく開く。 この時、膣内および膣口が膣分泌液(バルトリン氏腺液やスキーン腺液)によって濡れていることが多く、男性器の挿入を容易にする。 () 画像はwikipedia「小陰唇」より 上記の画像からわかるように,興奮して充血してくると,小陰唇が膨らんでいることがわかります。 wikipediaの記事にもあるように,尿道口や膣を守る役割もあります。 とくに,女性の場合は雑菌などによって尿路感染が起きやすいので,それらから守る重要な役割があります。 女性にとっては,小陰唇が他の人よりも自分は大きいのではないかとか,左右の大きさが違うとか,形状に対して悩みをもつことの多い場所でもあります。 つまり,男性に見られることにとても恥ずかしさを感じる場所なのです。 明るい場所で,まじまじと見られるのは女性にとってすごく恥ずかしいことなんだと気づいてください。 球海綿体筋 球海綿体筋の位置についてです。 まずこちらは,外から見た図・画像です。 赤が動脈,青が静脈,緑がリンパ腺,黄色が神経です。 非常に多くの血管,神経が性器に集まっていることがわかります。 さらに神経だけを見てみます。 何をする筋肉かといいますと, 女性では,前庭球と大前庭腺を覆い,大前庭腺を圧迫して分泌物を排出させ,また膣口 ちつこう を収縮させる。 () というものです。 前庭球 球海綿体筋の説明に出てきた「前庭球」の場所は,下の画像では黄緑色にハイライトされた場所です。 前庭球というのは, 膣前庭 ちつぜんてい の左右両側にある扁平 へんぺい な棒状の海綿体。 男性の尿道海綿体に相当する。 性的興奮により膨張し,後部にある大前庭腺を圧迫して分泌物を排出させる。 () 大前庭腺はこの下のところで説明していますが,SEXの時に大切な潤滑液の役割をする粘液を出します。 その粘液を出すために必要な海綿体ですので,SEXが痛いものではなく,気持ちのいいものとして認識してもらうためにも重要なのです。 大前庭腺(バルトリン腺) もうひとつ球海綿体筋の説明に出てきた「大前庭腺」は,下の画像では膣の入り口のすぐ近くに位置しています。 画像は「」より 大前庭腺というのは, バルトリン腺ともいう。 女性生殖器の腟口付近に開口する2個の腺。 小陰唇の根もとの左右にある前庭球の後端に接し,その導管は小陰唇の内側面に開く。 性的興奮時に乳白色の粘液を分泌する。 男性のクーパー腺に相当する。 デンマークの解剖学者,C. バルトリンが発見。 導管が閉塞すると内部に粘液がたまって嚢腫を起し,これが細菌に感染するとバルトリン腺炎となる。 () というものです。 細菌感染を起こすと,と書いてありますが,比較的感染しやすい部位であるので注意が必要です。 SEXするときには,膣内をなめらかにするための粘液を分泌するという大切な役割をもっています。 男性のなかには潮を吹かせて大満足している人もいると思いますが,興奮しない状態でいくら潮を吹かせても時に非常に痛いですし,やめてもらいたいものでもあります。 しっかりと前戯で興奮することによって,バルトリン腺などから粘液がでて,摩擦による痛みを避けることができます。 雰囲気づくり,前戯など,充分に興奮できるプロセスを経ることが何より大切です。 膣前庭 最後に,前庭球の説明で出てきた「 膣前庭」についてです。 場所は,下記の画像で示されていますが,「Vestibulum vaginae」が膣前庭になります。 膣前庭は,左右の小陰唇にはさまれている場所です。 この膣前庭には,膣の入り口があり,正面上部にはクリトリス(陰核)があります。 クリトリスと膣の入り口にはさまれた位置には尿道口があります。 おわりに クリトリス以外ということではありましたが,外性器について簡単にまとめてみました。 また,SEXをよりよいものにするために,SEXと関係にある機能についても説明させてもらっていますので,ぜひご自身のSEXライフにも活用していただけたらと思っています。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

「ウィザードリィ2 リルガミンの遺産」武器 +GBCLOVER

だん びら

これはスゴイっ 笑。 「映画芸術」誌の寺脇研氏の書評を見て、すぐ読んでみようと思った。 そして、ページをめくる毎に、これは世評に違わぬ豪放磊落で破天荒な傑物伝だと思った。 この当時のカツドウヤって、左であれば元学生運動家くずれ、右であればやくざとの関係が取り沙汰されと、いずれにせよ堅気の世界とは無縁の猛者たちがいたのだが、筆者ほどの傑物はいないだろう。 筆者は藤浦敦、日活正社員監督。 その代表作に「色情海女・ふんどし祭り」「くいこみ海女・乱れ貝」などがあるが、失礼ながらその作品群は観たことはない 笑。 そして、プロローグから第一章で語られるあの伝説的な「落陽」の製作秘話からして大いに興味深い。 92年製作費30億を投入、ドナルド・サザーランド、ダイアン・レイン、ユン・ピョウに主題歌はジャズの大御所エラ・フィッツジェラルド。 ビッグ・ネームが並ぶ社運を賭けた壮大な超大作は、さほど話題になる事なく上映終了、今日に至るまで未だDVD化されていない。 一説には、日活を破産させた元凶としてオクラ入りしているとの噂もある。 そもそも、これほどの大作の監督に、原作者であるが映画の世界ではずぶの素人だった小説家の伴野朗が何故起用されたのか。 謎が多いこの作品について沈黙を破り筆者が発言する。 何故なら、彼こそ、この映画の総合プロデューサーであり、脚本家であり、影の監督であり、そして大スポンサーでもあったからだ 笑。 曰く、「落陽は何から何まで僕の道楽、ホントは日活の次の社長をやるつもりだったけど(映画監督は)撮れりゃいいかと落陽をやった」 「莫大な予算超過は全部自分のお金を持ち出した(その額、20億円!!)」 「くだくだ言わない〇〇な奴を監督にした」 とにかく、目から鱗、暴言ながら抱腹絶倒な「落陽」の真実の秘話が語られる。 いやいや、それだけではない。 その後の章も藤浦節は快調で止まる事を知らない。 清順さんも神代さんも、評論家や映画ファンが卒倒しそうなまでにケチョンケチョンに叩かれる。 ロマンポルノがダメになっていったのは、蓮實重彦らが下らない批評で誉めやかし、監督たちも観客ではなく批評家の方を向き始めて撮ったから 笑。 長谷川、相米はゴマスリ、えーと、あと、なんだって 笑。 とにかく、次から次へと我がご贔屓の鬼才たちが俎上に挙げられ、例外なく貶される。 まるでドナルド・トランプのごとき放言なのだが、嫌みをさほど感じないのはそのべらんめい調な口調と洒落の強さ、立川談志が兄さんと慕う豪快さ、そして、長らく低迷していた日活の金銭面を支え会社に物申せる大株主であった事もある。 筆者の父親は右翼の大物で政界の黒幕、竹下登や椎名悦三郎も意のままに動かせたと言う。 それだけに、映画業界が不況で不動産事業やゴルフ場経営に活路を見出すも泥沼状態の日活上層部も筆者には頭が上がらなかった。 だから、当然、時の経営陣にもその矛先は向けられる。 これまた容赦ない。 組合出身で小市民的、経営的な才気はなく、厳しさもない。 日活が倒産したのもむべなるかなと思わせるほどだ。 とは言え、本書は決して罵詈雑言ばかりの内容ではない。 時代劇、裕次郎、銀幕を飾ったかっての大スターや名監督たちとの交流、人となり、撮影秘話もたっぷりと盛り込まれている。 本書を読んでいて、筒井康隆の「富豪刑事」を思い出した。 あの小説の主人公は、大富豪の御曹司で、高級外車を乗り回し、自費を糸目を付けず投入し事件を解決していった 笑。 今まで殆ど語られる事のなかった陰の実力者(しかも、社員監督)が辿った日活のもうひとつの歴史。 カルト的な作品として一部で神格化されている「落陽」も、是非観たくなった。 映画会社「日活」の謎が全て解明される書籍。 そうだったんだ・・・と何度思ったことか・・・ しかし・・・この藤浦氏のお父様が謎の方です・・・・徳川家のお胤しだねで・・・右翼大物・・・勿論、ネットのwikiにも出ていません・・・ このお父様が日活の株を持っていて・・・藤浦青年も早稲田の大学院、読売新聞を経て、制作を再開した日活に入社・・・ 通常の日活の歴史だと、ここで裕次郎だと小林旭だとの話になるのだが、そうはならず地味な存在の西河克己監督に師事したり、鈴木清順の悪口を書いたり、書きたい放題の楽しさ・・・もう誰も藤浦さんには勝てませんって展開。 その前に、元々「映画秘宝」で日活を潰した「落陽」という映画のことを特集した際に藤浦氏にインタビューした藤木TDC氏が、藤浦氏のあまりの面白さに、インタビューを続け、書籍になったもの・・・ 「落陽」の裏話もね・・・・ここらへんになってくると、実名で出てくる方々を実際に個人的に会っていたりしているのでのね・・・そうかそういう人だったのか・・・と思うことしきり・・・・ 「にっかつ」時代の一番の謎は、当時の根本社長の株操作・・・それも見事に本書を読むと、成程と首肯できる。 事実か否かはわかりませんが、いくら読んでもわからないあの株操作について、ぱっとわかるのはこの書籍だけ。 まあ興味のある方も少ないとは思いますが・・・ 大学卒業時に行きたかった会社「日活」、また一番縁もあり、何度も面接に行き・・・と30年前に経験している自分にとっては、なんか「青春」が終わったなって感じの書籍だった・・・あのにっかつに行きたい!という「熱」が醒めていく・・・それを楽しんでいる自分もいる・・・年を取ったということ・・・ 「日活」という映画会社が好きな方は読まない方がいいかもしれません。 でもとっても自分の人生にとって「ため」になる書籍だった・・・ この手のインタビュー本は、安藤昇でも丹波哲郎でもあるいは岡田茂や俊藤浩滋でも、最近出た荒木一郎もそうだけどみんな手柄は自分のものにして他人をコキおろすという共通点があるんだけど、これは特にそれが顕著。 まぁ百歩譲ってそれらが本当だとしても、またホラならホラとして割り切ってもこの本には心から楽しめない要素がある。 それは主人公自体が大物ではなく、父親の財力や名声を頼りにしたヤンチャぶりに過ぎないからだ。 藤生敦という映画監督の名前は知ってはいたが、一体彼自身の監督としての評価はどれほどのものがあるのだろう。 ポルノの海女モノや温泉モノでそこそこ客が入ったと言っているが、このお方が賛否はあれ多くの問題作、名作を残した市川昆、川島雄三、山田洋次をメッタ斬りするのはどうにも違和感がある。 安藤昇などのホラ話が面白いのは彼ら自身が超大物で、ひょっとしたらと思わせるからである。 この本の主人公がシラけるのは、何かというと父親の金を使って威張り散らしているからだ。 そのやり方はひたすら高圧的、暴力的で、筒井康隆の「富豪刑事」のようなユーモアのかけらもない。 誰からも相手にされない老人の大昔の武勇伝や自慢話の方が、まだ可愛げがある。 図書館でかりて読んだが、高い金を払ってまで読む必要は全くない。 これは映画に興味がある特に若い人はぜひ読むべきだとおもう。 山中さだおのくだりが大変興味深い。 人情紙風船とその他2作しか現存せず、特に人情紙風船については山中の天才たる所以の評論をことあるごとに聞く機会がある現在、数年遅れとはいえ、当時のオンタイムで映画をみた「専門家」はもはやこの人一人ではないかとおもう。 大金持ちにしかできない、趣味としての映画つくり、それを地で行き、芸事にすぐれ、実は日活の株主であって、影の社長であるのに、ついてはロマンポルノなる、あまり表にだせない、現在の50代以上のやろうたちがよくお世話になった、その世界の巨匠ときいてそのギャップに、二度驚くわけである。 親の七光りをこうまで臆せず、とことん利用し、また昭和時代の左右を問わない政治家、芸術家、文筆家から「若だんな」と呼ばれる、とてつもない大物ぶりがはたしてどこまで本当なのかはわからない。 著者の祖父、父のデータがあまりに少なすぎる。 これについては、後日談なり、なんなりで、再度取材して是非世にだしてほしいものだ。 それにしても、著者の話に出てくる人のほとんどが鬼籍に入り、だからこそ語れる、秘密めいた暗躍めいた、しかしからっとしてそれも日本かと思わせる逸話の数々、できれば共産党の不波さんには存命中にインタビューしてもらって、事実確認してもらいたい、共産党が本当に、著者の父親から金をもらっていたのかどうか。 ところで著者はいま、金持ちなのだろうか? うん、それが疑問だ。 それが一切かかれてない。 それともすっからかん、なのか。。 ついては、家庭のこともかかれておらず、いったい、どうなっているのか。 野次馬根性の一般人には、興味が絶えない。 86歳になっている老人の壮大な法螺話、縁側にでも腰掛けて大笑いしながら聞くのが正しい。 真偽定かでないその与太話は映画以上にドラマチックで、本当に面白い。 藤浦家は江戸時代は御家人で、御一新でその家がお取りつぶしになって、商売を始め10兆円位(!?)の資産があった時もあるらしい。 お祖父さんは、明治の侠客(会津小鉄)から新政府の要人(黒田清隆、西郷従道、吉井友実、桐野利秋、井上馨、伊藤博文)とも親友であったという。 大久保利通や孫文、蒋介石、北一輝の名前まで出てくる。 近代では、監督の父富太郎氏は竹下登元首相も椎名悦三郎、川島正次郎等自民党の重鎮たちも、子分扱い、書生であったという。 凄い人でしょう。 そして、富太郎氏は莫大な財産を使って、明治から昭和の戦後まで、右・左を問わず、政財界人、歴史上の有名人、組織に資金提供をし、黒幕として色々な事件に関わってきたという。 藤浦監督自身も、父の七光と資産をバックに、日活入社後は一助監督の身ながら社長が頭を下げ、40%の株を持っていることから、実質会社を動かしてきたと言う。 堀久作、江守清樹郎、根本悌二の当時の経営陣、鈴木清順、石原裕次郎等のスタッフ・キャスト、挙句の果ては佐藤忠男、松田政夫等の映画評論家まで皆ボロクソである。 皆、この人にだけは言われたくない、と思っているだろう。 日活時代株操作、資金提供、全て自分が影で糸を引いていたという。 日活のみならず、大映の永田社長、市川雷蔵、勝新太郎、若山富三郎とも昵懇の間柄で、市川雷蔵が映画界に入ったのは藤浦家の後押しがあったからだという。 このように、政財界、芸能界あらゆるところに知己がいて人脈があり、有名な殆どの事件に藤浦家父子が絡んでいるというのである。 最後の方に、山中貞雄監督の映画を殆どリアルタイムで見た、現存する作品より失われた作品の方が優れていると監督は言うのだが、山中監督は1938年に亡くなっており、見た当時は7~8歳ごろになる。 2~3年遅れて見たとしても10歳位、そんな子供時代に見た映画覚えているかね。 見たことは覚えていたとしても、子供にそんな批評眼はないだろう。 とにかく不思議な事は、戦前・戦後の政治社会的な事件、芸能事件にこんなに藤浦父子が絡んでいれば、その事件に絡んだ他の当事者が名前だけでも書き残すか、インタヴュー等で語っていても良さそうなものだが、この本が出るまで一切それはない。 幾ら表に出るのは好きではない、裏方(黒幕)に徹していると言っても不自然過ぎないかい。 さように、ここに書かれていることの殆どは本人が言っているだけで、何のエビデンスもないのである。

次の

見つけにくいモンスター一覧表

だん びら

ドラクエのダンビラムーチョについては… どう書けばいいんだろうか -- 名無しさん 2013-07-08 21:39:20• だんびらっていうのがそもそも日本語の一般名詞だし。 断平広(だんびらびろ)っていう『刀身の幅が広い刀』って言葉が縮まったらしい。 つまりコレは剣としては無銘ってことだな。 -- 名無しさん 2014-03-18 03:10:31• 正直ドラゴンころしよりだんびらの方が好きだったりする -- 名無しさん 2016-09-01 13:52:19• 男塾だと桃の日本刀がときどきダンビラって言われてたな -- 名無しさん 2016-10-25 20:49:58• 「ブロードソード」の訳語、だと思ってる>だんびら -- 名無しさん 2017-04-16 20:36:14• 劇場版見てました。 -- 名無しさん 2017-05-11 14:14:36.

次の