あずさ 自由席 廃止 いつから。 特急「あずさ」「かいじ」は全車指定席に 中央線特急の料金改定、新たに「座席未指定券」設定

あずさ (列車)

あずさ 自由席 廃止 いつから

広告 2019年春にE353系に統一 中央線特急「あずさ」「かいじ」の定期列車は、2019年春から新型車両E353系に統一されます。 E353系は全ての座席上方にランプが設置してあり、これを使った新たな着席サービスと特急料金制度を導入します。 新たな着席サービスの対象となるのは、千葉・東京・新宿~甲府・松本・南小谷間で運行される特急「あずさ」「かいじ」などの普通車全車両。 新サービスでは、普通車の「指定席」「自由席」の区別がなくなり、全ての座席が指定可能となります。 画像:JR東日本プレスリリース 事実上の全車指定席 新サービスは、事実上の「全車指定席」ですが、座席の指定を受けなくても、空席があれば座ってもかまいません。 座席上方に設置されているランプが「緑」ならその座席は指定されていて、「赤」なら指定されていないことを示します。 「黄」は、まもなく指定されている区間になることを示しています。 座席の指定を受けない場合は、「座席未指定券」を購入して乗車し、「赤」のランプの座席に座ることになります。 画像:JR東日本プレスリリース 画像:JR東日本プレスリリース 座席未指定券利用の注意点 「座席未指定券」利用の場合、注意点として、ランプが「赤」でも、途中でその色が変わることがある、ということです。 つまり、空席に座ったと思っても、乗っている間にその席が売られてしまい、途中駅で立つハメになってしまうこともあるのです。 これまでの自由席なら、一度確保した座席は降りるまで有効でしたが、「あずさ」「かいじ」の新着席サービスではそうではありません。 広告 座席指定の料金は不要 新たな着席サービスでは、座席を指定しても、指定しなくても料金は同額です。 つまり、座席指定のための追加料金はかかりません。 列車と座席を指定する場合は「指定席特急券」を買い、指定しない場合は「座席未指定券」を買います。 満席の場合は座席指定ができませんが、「座席未指定券」を買えば、任意の列車、車両に乗車できます。 車内で特急券を買った場合、座席指定ができず、「座席未指定券」の扱いになります。 車内料金は事前料金より260円高く設定されていますので、車内で特急券を買った場合、旅客は「高い上に指定できない」という不利益を被ります。 新たな特急料金 新たな着席サービスの特急料金は以下の通りです。 これまでの価格と比較してみます。 これまでの中央線特急の価格は「A特急料金」(標準価格)と「B特急料金」(割安な価格)に分かれていて、竜王以東が割安なB料金、竜王以西がA料金です。 AB両区間を通しで乗る場合は、A特急料金が適用されます。 繁忙期は200円増し、閑散期は200円引き。 指定席は値下げ、自由席は値上げ ご覧の通り、新料金制度では、100kmまでが1,000円で、200kmまでが2,200円、300kmまでが2,500円と、距離と価格が比例するわけではありません。 100㎞以内の特急料金が割安になっているため、たとえば立川~甲府間の指定席は、これまでB特急料金1,450円だったのが1,000円となり、3割も値下げとなります。 しかし、自由席では70円の値上げとなります。 全体的には、旧料金の自由席から見れば、おおむね値上げ、指定席からみれば値下げになるケースが多くなっています。 また、新たな料金体系では通常期・繁忙期・閑散期の区分はなくなり、年間を通じて同一の料金となります。 広告 新たなグリーン料金 グリーン車についてはこれまでと同様の指定席制度が維持されます。 「座席未指定券」はグリーン車には設定されません。 グリーン料金も改定され、以下のようになります。 「あずさ」「かいじ」グリーン新料金(円) 営業キロ 新料金 A特急料金 B特急料金 50kmまで 1,260 1,780 1,540 100kmまで 1,510 2,210 1,960 150kmまで 3,090 3,890 3,400 200kmまで 3,740 4,220 3,790 300kmまで 5,070 5,470 5,030 400kmまで 6,440 6,700 6,270 グリーン車は値下げ グリーン車の新料金は、全体的に値下げとなっています。 利用の多そうな新宿~甲府では、3,400円が3,090円に。 新宿~松本が5,470円から5,070円になります。 「あずさ」「かいじ」のグリーン車は横4列で、アコモデーション的に普通車との差が小さいため、多少の値下げは適切かもしれません。 関連記事 割引きっぷは縮小 新たな着席サービスの導入に合わせ、割引きっぷが縮小されます。 具体的には、「あずさ回数券」「中央線料金回数券」「信州特急料金回数券」が、2019年春をもって販売を終了します。 かわりに中央線特急向けに「えきねっとチケットレスサービス」を開始します。 新料金の一律100円引きです。 「お先にトクだ値」は乗車日13日前の午前1時40分までの発売です。 割引きっぷ比較 利用者としては、これらの価格設定も気になるところです。 主要区間で比べてみましょう。 割引料金に関しては値上げ傾向であることがわかります。 「お先にトクだ値」は、正直なところ取りにくく使いにくいので、「あずさ」「かいじ」にこれまでのような価格で乗ることは、難しくなるかもしれません。 これからは、チケットレスを基本にして、「トクだ値」「お先にトクだ値」を早めに買っておくのが、中央線特急「あずさ」「かいじ」の格安利用術になりそうです。 広告 新サービス導入の背景 JR東日本が新しい着席サービスを導入した背景として、中央線特急では指定席が満席でも自由席に空席が残ることが多い、という現状があるようです。 つまり指定席を望む利用者が多いので、それに対応して全席指定可能にするわけです。 また、週末には、指定席が満席で、自由席も立ち客で溢れることがあり、乗降に時間がかかって遅延が生じがちです。 指定席と自由席の区別をなくすことで、立ち客を全車両に分散し、乗降時間を短くするという効果も狙えます。 さらに、JRとしては、自由席廃止と車内料金設定により、車内検札業務を減らせます。 特急券を買わずに乗車してくる短距離利用者からの取りっぱぐれも少なくなるでしょう。 指定席料金は全体に値下げしていますが、そのぶん割引きっぷを縮小することで、トータルの収支均衡を図っているようにも感じられます。 短距離利用者にはデメリット 利用者の立場でみると、短距離で自由席を愛用している方にはデメリットが大きそうです。 事前購入が有利となる制度なので、気軽に特急に飛び乗りにくくなりますし、50km以内では510円が750円と、240円も値上げされます。 ただ、チケットレスを利用すれば値上げ幅は140円にすぎません。 それで着席が保証されるなら、納得できる範囲でしょう。 中央線では2023年度末に、大月以東で快速列車にグリーン車が導入されます。 導入後、東京近郊の短距離客は、快速グリーン車との選択も考慮していけばよいでしょう。 広告 「踊り子」にも導入されるか 長距離で指定席を愛用している人には、指定席料金は全体に値下がりしていますし、指定席も事実上拡大されますので、定価購入の方にはメリットが大きそうです。 一方で、割引きっぷの縮小は大きな痛手です。 金券ショップでの回数券ばら売りの購入もできなくなります。 価格が気になる人は、中央高速バスを選ぶようになるかもしれません。 「新たな着席サービス」じたいは、すでに「ひたち」「ときわ」で導入され、定着しているようです。 「あずさ」「かいじ」でも、導入当初は混乱があるかもしれませんが、いずれ定着していくことでしょう。 今後は、「踊り子」など伊豆特急、「わかしお」など房総特急でも、車両の更新にあわせて新たな着席サービスの導入が検討されていくとみられます。 (鎌倉淳).

次の

松本にとっての「あずさ」

あずさ 自由席 廃止 いつから

2019年、春から自由席廃止 JR東日本は2019年3月16日、春のダイヤ改正を行いました。 中央東線の特急「あずさ」「スーパーあずさ」が新型のE353系への車両切り替えを2019年春、完了し、特急列車名を「あずさ」に一本化。 平均所要時間は上りで4分、下りで6分短縮となります。 同時に、普通車の全席で事前に座席指定ができるようになりました。 自由席は廃止! 特急料金も変更され、今までの自由席と比べて高くなったのですが、指定席では引き下げとなりました。 運賃と特急料金を合わせると… 松本~新宿の新料金は片道6500円。 これまでの自由席と比べて120円割高。 ただ指定席は400円安くなったので、指定席ベースで乗っていた方はお得になりましたね。 上諏訪~新宿の新料金は同5870円で、現行の自由席より40円高くなりますが、指定席は480円引き下げられました。 乗車する列車が決まれば、乗車前に「みどりの窓口」などで追加料金なしで座席を指定できます。 座席指定せずに乗車した場合は、座席上方に設置されたランプで空席かどうかを確認して利用するということです。 (導入時期の詳細は未定) 多く人が快適に利用できるように JRによると、これまでは限られた自由席を求めて早くからホームに並ぶ利用者がいるほか、中間駅からの利用者が自由席の空席を見つけにくいという課題があったそうです。 このたび導入された新たな方式で、より快適な利用が可能になった、ということですね。 導入に合わせ、これまでの「あずさ回数券」「中央線料金回数券」「信州特急料回数券」が廃止されました。 新たに長野塩尻間の特急しなので利用できる「信州しなの料金回数券」 4枚つづり、2040円 が発売されています。 あずさで使っていた旧型車両のE257系は、臨時列車を除いて中央東線での運行を終えます。 座席未指定券周知が課題 途中駅で席を譲る必要も? JR東日本は利便性向上につながるとの説明ですが、これまでの自由席になじんだ利用者が慣れるには、やはり時間がかかると思います。 「指定席券」で乗車する分にはこれまでと変わらないのですが、 注意が必要なのは自由席券の代わりに導入される 「座席未指定券」です。 これで乗車すると、新型E353系車両の座席上に設けられる3種類のランプ表示 ・ 「赤」…空席 ・ 「黄」…間もなく到着する駅から、指定席券が発売済み ・ 「緑」…指定席券発売済みの区間内 上の表示のうち、赤か黄の座席に座れます。 乗車時間に縛られない利点はこれまでの自由席と同じですが、 指定席券を購入した人が乗車してきたら席を譲らなければなりません。 赤表示の席でも途中区間から座席指定が入る可能性もあります。 その一方で、座席未指定券でいったん乗車すると車内では座席指定はできません。 確実に席を確保するには、乗車前にみどりの窓口や指定席券売機などで座席指定しておく必要があります。 しばらくは戸惑うかも… 同様のシステムは常磐線特急で2015年から導入されているそうです。 JR東日本によるとこれまでに「大きな問題は起きていない」ということですが、 「ランプ の表示が何を指すのか分かりにくい」 「座席未指定券を買った場合はどうやって座席指定するのか」 など、しばらくは戸惑う利用者もいたそうです。 まあ、何事も慣れが必要でしょうね。 新型スーパーあずさとは? JR東日本、中央東線特急 「スーパーあずさ」の新型車両「E353系」 同社の在来線で中央線に限ると16年ぶりの新型特急車両です。 デザイン 車両の外装は南アルプスの雪を表現した白をベース。 側面上部にあずさのイメージカラー、薄紫色のラインがあしらわれています。 普通車の座席は「南アルプスと梓川のきよらかさ」をコンセプトに掲げ、水色が基調のデザイン。 1993年導入の現行車両「E351系」は座席が緑や紫でしたが、今回はより明るい雰囲気となりました。 性能 新型車両は乗り心地が 大幅に改善されています。 中央線は特にカーブが多く、遠心力を緩和するために車体を傾ける新方式が導入されました。 傾きの角度が少なくなることで、揺れが大きくて気分が悪くなるのを抑えてくれます。 JR東日本の在来線特急で初となる全シートでの点字の座席番号表示や、ハンドル型電動車いすでも使える広いトイレなどバリアフリーにも対応。 1.走行性能を実現しつつも、 車内が広く快適になる。 2.走行中の振動を低減する動揺防止装置を一部に搭載し、 乗心地がアップ。 3. 静粛性を向上した床構造 4. 空気清浄機を設置 5.空調を個別吹き出しとし、 各座席で風向きと風量の調整が可能 6.観光・ビジネスユース等への対応 7.各座席にパソコンを置ける テーブルとコンセントを設置 8.車内案内表示器にフルカラー LEDを採用し、行先・停車駅案内等のほか運行情報やニュースなどを配信 9.改良型ハンドル形電動車いすが利用可能な大型トイレや多目的室、 車いすを固定可能な座席を設置 10.各客室とトイレ内には乗務員と連絡可能な非常通話装置を設置 11.各客室の出入口に防犯カメラを設置 12. AEDを1編成に1台設置 ビジネスにも観光にも 中央線は観光客だけでなく仕事で利用する人も多いです。 客室設備では車内にLED間接照明を採用し、各座席にノートパソコンを置けるテーブルとコンセントを設置。 ビジネス客にも快適に過ごせる空間になりました。 空調は座席ごとに調整できるよう個別吹き出しにし、空気清浄機も置かれています。 荷物置き場は2両に1カ所程度設置し、各デッキに防犯カメラも備えています。 行き先や停車駅を示す車内の案内表示器にはフルカラーLEDを採用。 文字も大きくなり、より見やすくなりました。 一部車両には、旅行用トランクなどが置ける荷物置き場を用意されています。 動き出してから、忘れ物に気づくことも度々。 つまり「スーパーあずさ」の名称が廃止されるわけですね。 旧型車両のE257系の大半は改装し、東京と静岡県・伊半島を結ぶ特急「踊り子」で2019年にも運転を始めるそうです。 続々新設!中央線の特急列車 このほかに、主に中央線の新宿と富士急行の河口湖 山梨県 を結ぶ特急の定期列車を新設。 観光客に大人気の世界文化遺産の富士山や、山麓にある河口湖などの富士五湖への快適な移動を売りにしていくそうです。 新設の特急は3両編成で毎日運転し、1日に数往復させる計画だそうです。 中央線では主に新宿と甲府を結ぶ特急「かいじ」 と連結して2両編成で走行。 大月 山梨県 で切り離して富士急行に入り、行楽客の乗降が多い富士山、富士急ハイランドの両駅に停車する見通し。 河口湖には千葉県の成田空港を発着する特急「成田エク スプレス」が土曜と休日に一部乗り入れていますが、 「平日にも特急を設けて利便性を高める」狙いですね。 最近は外国人観光客が増えている松本市。 これまで以上にレジャーにもビジネスにも移動の快適さが求められています。 新型あずさの登場でますます東京からアクセスしやすくなり、多くの人が松本に来やすくなることを期待したいですね。 カテゴリー•

次の

【2019年3月16日~】あずさ回数券廃止!中央線特急 新サービスを解説・お得に乗る方法も紹介│やまなしファン

あずさ 自由席 廃止 いつから

同社によると、今回の変更に伴って、乗車日と区間だけを決め、乗る列車や座席を指定しない「座席未指定券」を新たに導入する。 料金は指定席特急券と同額で、乗車前に「みどりの窓口」に行くなどすれば、追加料金なしで座席を指定できる。 座席を指定しないまま乗車しても、空席には座れるという。 空席かどうかを確認できるのは、座席の上のランプ。 赤色だと空席、緑色だと指定席として発売済み、黄色だとまもなく座席指定の乗客が来るとの意味だという。 指定席券を持った客が来たら、席をゆずることになるが、どの程度座れるかの参考にはなるという。 「未指定券」の発券枚数に、日ごとの上限はなく、満席の場合はデッキなどを利用できる。 「あずさ」はこれまで9両または11両編成の列車のうち、3両が自由席だった。 今回の変更で同社は、事前に席がより取りやすくなる上、指定席券の値段も安くなるとPR。 ただ従来、自由席を利用してきた人にとっては、値上がりとなる面もある。 また今回の変更に伴って、「あずさ回数券」「中央線料金回数券」「信州特急料金回数券」は廃止する。 「スーパーあずさ」でも、自由席を廃止するかどうかについては「検討中」だという。

次の